さまざまなケースが存在する女性の薄毛の原因とは?

FAGA、びまん性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症など、女性の薄毛の原因は多種多様。それぞれの脱毛症の特徴と原因につい解説します。

女性のAGA・薄毛
女性の薄毛の原因は?

女性の薄毛・抜け毛の原因

FAGA(女性のAGA)

男性とは違って、髪全体が薄くなるのが特徴

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、女性にAGAが発症した場合に使われる名称です。頭頂部から髪全体が薄くなるように薄毛が進行しますが、男性のように髪が全くなくなる例はほとんどなく、毛根の密度が薄くなり、髪が細くなってハリやコシがなくなるのが特徴です。

FAGAは加齢などにより女性ホルモンが減少し、体内のホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌量が優位になってしまうことが原因。ホルモンバランスが崩れる原因としては、加齢の他にもストレスや極端なダイエット、生活習慣や食生活の乱れなども原因とされます。

びまん性脱毛症

頭髪だけでなく全身の体毛が薄くなるのも特徴

髪が全体的に薄くなり、特に頭頂部の頭皮が透けて見えるようになる脱毛症。AGAとは異なり、前頭部の生え際の後退は見られず、頭皮全体の毛が抜けてしまうため、脱毛している部分の境界線がわかりにくく、また全身の体毛も同時に薄くなるというのが特徴です。

更年期前後の女性に多く見られる脱毛症で、脳下垂体から分泌されるホルモン量の低下が原因といわれています。発症した場合、生活習慣の見直しやバランスの良い食生活、過度なヘアケアやダイエットを避けるなど総合的な対策を行い、ホルモンバランスを正常に戻す必要があります。

分娩後脱毛症

一時的な脱毛症ですが、回復が遅れる場合も

出産後に見られる脱毛症で、多くの場合は出産後に抜け毛が増え、髪が痩せ細るなどといった一時的な症状です。多くの場合は半年から1年程度で回復しますが、妊婦の健康状況や高齢出産などの場合は回復が遅れる場合もあります。

原因としては、妊娠中に髪に必要となる栄養素が胎児にまわってしまうことや、出産後に大量に増加する女性ホルモンの影響により、毛髪サイクルが成長期から休止期に移行してしまうことが挙げられます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

毛穴を塞いで髪の成長を阻害する脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症とは、異常発生したフケがかさぶたの様に毛穴を塞ぎ、雑菌を繁殖させて頭皮の炎症を引き起こし、髪の成長を阻害して抜け毛を発生させる脱毛症です。

原因はホルモンバランスの乱れと過剰な頭皮ケア。ホルモンバランスが乱れると皮膚常在菌が異常繁殖し、発症しやすい環境になると言われており、また刺激の強いシャンプーを何度も使用し、ヘアカラーやパーマといった頭皮へのダメージが大きい行為を行うことで発症するとも言われています。

牽引性脱毛症

長時間頭皮を引っ張るようなヘアスタイルにご注意!

ヘアゴムなどで長期間にわたって髪を引っ張ったままにすることにより、生え際への負担や髪の重みがかかり、引っ張られた部分が脱毛する症状です。

髪をセンターで分けて三つ編みにしたり、ポニーテールにしたりと同じ髪型を続けることにより、頭皮が引っ張られて負担がかかり、また引っ張られた部分の血行不良が起こるために発症します。強引に引っ張る様なブラッシングや、ヘアーエクステンションを長期間使用することにより発症する例もあります。

【まとめ】ホルモンバランスの乱れから女性特有の症状までさまざま

ほとんどの場合はホルモンバランスの異常が原因となる脱毛症だけど、女性ならではといった出産による脱毛症や、髪を引っ張り続けるヘアスタイルをすることによって発症する脱毛症もあるの。

FAGAやびまん性脱毛症など、比較的症状が似ているものもあるから、自分で判断して自己流で治療しようとするのはとっても危険。ちゃんと医療機関で診察してもらって原因を調べた上で、治療を進めて行かないとね。

そして女性はホルモンの影響が身体に表れやすいから、生活習慣や食生活に気を付けて、ストレスフリーな生活を送って、薄毛に負けない健康的な生活を送りましょう。