AGA以外の脱毛症の原因と対策

脱毛症にはAGA以外にもさまざまな種類があります。それぞれの原因と対処法について詳しく解説。思い当たる症状がある場合は専門医のカウンセリングを受けましょう。

AGAとは?
薄毛の原因はAGAだけじゃない!:その他の脱毛症

薄毛の原因はAGA以外にもあります

AGA以外の脱毛症の可能性

男性の脱毛原因の90%以上はAGA。しかし、AGA以外に原因があるケースも存在します

男性の薄毛の原因で真っ先に疑われるのはAGAなのですが、薄毛や抜け毛の原因は、必ずしもAGAが原因であるとは言えません。

例えば頭皮の環境が異常な状態な場合、毎日の仕事のストレスが原因となっている場合、そしてタバコやアルコールの過剰摂取、生活習慣の乱れによるもの等が原因となって脱毛症が発症することもあり、治療法も原因によってそれぞれ異なります。

診断は専門治療院へ

素人判断の誤った対策でさらに薄毛を進行する可能性も。専門家の診断を受けましょう

AGAが原因なのか、それともAGA以外の何かが原因となって脱毛症が発症しているかの区別は、素人ではなかなか判断ができません。素人判断で独自に対処法を調べ、治療を試みたものの、その対処法が間違っていた場合には、逆に薄毛がいっそう進行してしまうという危険性もあります。

脱毛の正体や原因が一体何なのか、気になる症状があれば、専門の治療院で医師の診察を受ける様にすることが、最前の方法です。

AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症・脂漏性脱毛症

特徴と原因は?

頭皮のフケや皮脂が異常発生することが原因で、異常発生したフケや皮脂が毛穴を塞いで雑菌を繁殖させ、強いかゆみと炎症を起こして抜け毛を発生させます。粃糠性脱毛症が乾燥したフケがかさぶたの様に毛穴を塞いでしまうのに対し、脂漏性脱毛症は過剰に分泌された皮脂がフケと共に毛穴を塞いでしまうのが特徴です。

対処方法は?

頭皮への刺激が強いシャンプーの使用は控え、刺激の少ないスカルプシャンプーを使用しましょう。ガシガシ洗いではなく、指の腹で優しくマッサージする様に洗髪するのが効果的。また、過度な嗜好品の摂取を避け、栄養バランスのとれた食事を心がけてください。

びまん性脱毛症

特徴と原因は?

特に女性に多く見られる脱毛症で、脳下垂体から分泌されるホルモン量の低下が原因。AGAは頭皮の部分的な脱毛症であるのに対し、びまん性脱毛症は頭皮が全体的に薄くなるという脱毛症で、同時に全身の体毛も薄くなるという特徴があります。

対処方法は?

ホルモンバランスの乱れが原因となっているので、総合的な対策が必要です。生活習慣を見直し、バランスの良い食事を心がけ、また嗜好品も控える事をお勧めします。また、パーマやカラーリング、過度の洗髪が原因となる場合もあるので、心当たりがある方は控える様にしましょう。

円形脱毛症

特徴と原因は?

10円玉程度の大きさの円形・楕円形の脱毛が突然生じる症状で、気づけば円形脱毛症が発生していたという様に、殆どの場合は自覚症状がないまま発症。主な原因としては強度なストレスを受けた場合や、自己免疫疾患による異常であると考えられています。

対処方法は?

一般的な薄毛や抜け毛といった分類ではなく、精神的なものや自己免疫力が問題となっているものであり、一般的に販売されているヘアケア向けの医薬品で対処せず、皮膚科を受診するなど医師による診察を受診するようにしてください。また、ストレスを抱え込まないように、できるだけリラックスしたストレスフリーな生活を心がけるようにしましょう。

抜毛症(トリコチロマニア)

特徴と原因は?

一般的な抜け毛や薄毛とは異なり、健康な髪を引き抜いてしまうという癖によって発生する脱毛症で、精神疾患の一種。本人が無意識のうちに抜毛してしまっている場合もあり、欲求不満や精神的なストレスが原因とされているが、未だ不明な点が多い疾患です。

対処方法は?

症状が軽度の場合は、毛を抜いているということを指摘されると症状が収まる場合もありますが、それでも難しい場合は精神科医やカウンセラーによる治療が必要。抜毛症患者に対する周囲の方の理解と、本人のストレスを取り除ける様な環境で生活する事が大切です。

女性特有の薄毛・抜け毛もあります

薄毛は確かに男性に多い症状なんだけど、悩んでいるのは何も男性だけではないのよ。薄毛の悩みを抱える女性は、年々増えていっているの。男性ホルモンは女性でも分泌されているから、女性がAGAになる場合もあるし、「女性ならでは」といった原因によって薄毛になることも。

私たち毛根三銃士は、女性の薄毛の種類や原因、対策についても詳しく調査しているから、ひとりで抱え込まないで、まずは知ることから始めましょう。