AGAとは?男性型脱毛症の特徴

AGAとは男性型脱毛症のことで、成人男性に多く見られる脱毛症の一種。「男性型」とありながら性別関係なく症状があらわれる場合も。ここでは、AGAの特徴について詳しく解説します。

AGAとは?
AGAとは?

知っていますか?AGAの特徴

AGAとは?

「AndroGenetic(男性ホルモンによる) Alopecia(脱毛症)」の頭文字をとったもの

AGAとは”AndroGenetic Alopecia”の略称で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれます。思春期以降に急増する男性ホルモンの影響による、頭頂部や前頭部などの薄毛や抜け毛を意味し、年齢的には20代後半から50代の男性に多く見られる進行性の脱毛症状です。

AGAを患っている方は全国に約1,200万人以上いると言われており、日本の成人人口の約8人に1人がAGAを発症している計算になります。

AGAの症状

若ハゲ、M字ハゲ、てっぺんハゲなど・・・加齢や健康状態に関わりなく進行する薄毛の総称

AGAの症状は年齢や健康状態に関係なく発症する進行性の薄毛。たとえ20代の若い健康体の男性でも「若ハゲ」と呼ばれるAGAを発症する可能性があります。他にも、額の生え際が後退する様に薄くなってゆく「M字ハゲ」、頭頂部から徐々に薄くなりはじめ、薄毛が広がってゆく「てっぺんハゲ」といったケースがあり、髪が薄くなりはじめる部位は人によってさまざま。他にも複数の部位で同時に薄毛が発症する「複合型」というケースもあります。

AGAは治療できるの?

最適な治療方法は人によってさまざま。「あやしい」と思ったらまずは相談!

ひとえにAGAと言っても、人によってその原因や進行の仕方はさまざま。最適な治療法は人により異なりますので、AGA専門治療院でのカウンセリングを受けて、あなたに最も適した方法で治療しましょう。

また、AGAは早期発見!早期治療!が大原則。なるべく早めの治療が功を奏するので、抜け毛が多くなる、生え際の後退が気になるなどといった、AGAの症状が少しでも出始めたら、放置しておかないで早めに治療院に相談しましょう。

【まとめ】先手必勝!早めの治療を心がけよう

年齢や健康状態に関係なく発症するAGA。その症状は人によって様々で、姿形を変えて我々に襲い掛かってくる強敵だ。こいつは男性ホルモンの影響によって発症するが、男性ホルモンは女性にも分泌されているので、女性だからと言って安心できたものでもない。

しかし、そんな強敵も早めに対処さえすれば、恐れるに足らず。迷っていないで早めに病院などで相談すれば、明るい未来はきっと訪れる。AGAには先手必勝が大切なのさ。