帽子とハゲの関係は?

よくあるウワサ「帽子をかぶるとハゲる」の真相は?噂がささやかれる背景についても解説します。

AGAお役立ちニュース

帽子をかぶるとハゲるってホント?

帽子をかぶるとハゲる!昔から言われていることであり、実際に「俺は若い頃、帽子をかぶっていたからハゲてしまった」というおじいさんもいらっしゃいます。帽子は薄毛や抜け毛と本当に関係があるのかどうかを検証してみましょう。

「帽子をかぶるとハゲる」噂の真相とは?

img_004

【結論】半分本当、でも半分は嘘!

帽子をかぶるとハゲる!というのは、結論としては半部本当で半分は嘘だと言えます。

帽子は使い方によっては頭皮環境を悪化させますが、逆に頭皮環境を健康な状態に保ってくれる使い方も。どんな道具でもそうであるように、用途に合った使い方をしないと悪い効果を発し、きちんとした使い方をすれば良い効果を発揮するのです。

帽子が「ハゲる」といわれる理由は?

帽子が頭皮に与える悪影響とは?

まずは、帽子をかぶることによる悪影響には、どのようなものがあるかを見てみましょう。

■頭皮の蒸れ

帽子を長時間かぶり続けることにより頭皮が蒸れた状態になります。その結果、頭皮に分泌された皮脂の影響で雑菌が繁殖しやすくなり、皮脂と雑菌が毛穴を塞いで毛根にダメージを与えるのです。

■血行に悪影響を及ぼす

小さ目な帽子や締め付けの強い帽子をかぶると、頭や頭皮に圧力がかかり、頭皮の血行促進を阻害します。

正しく使えば「薄毛予防」もできる

帽子には頭皮を守る効果もあった!

次に、帽子をかぶることによる良い影響を見てみましょう。帽子は正しく活用することにより、頭皮を保護してくれる薄毛予防のアイテムとして活躍してくれます。

■紫外線から頭皮を保護

帽子には頭皮を紫外線から守る効果があります。紫外線量の強い日に帽子をかぶらずに外で過ごすことにより、皮脂の酸化を促して毛根を委縮させ、髪の成長を妨げてしまうことも。また、紫外線によって頭皮の乾燥と炎症が発生し、フケやかゆみを引き起こします。

■保温効果により血行を促進

体温調節には血管が大きく関係しており、寒い日には体外に熱を逃がさないように自律神経が血管を縮めて血流を減らします。冬の寒い日などに暖かい帽子をかぶることにより、頭皮を適度な保温状態にして頭皮の血行を促進し、寒い乾燥した空気からも頭皮を守ってくれるのです。

「ハゲない」帽子の選び方・かぶり方

正しい帽子の着用で、身体も頭皮も健康に!

帽子は使い方によっては優れた頭皮ケアグッズになります。そのためにも、以下の事を心がけて帽子を着用するようにしましょう。

  • 締め付けすぎない、頭や頭皮の形に合ったかぶりやすい帽子を着用する
  • 長時間着用したままで過ごさない
  • 季節にあった素材を選ぶ
  • 蒸れた場合は帽子を脱いで汗を拭く
  • 蒸れた日の夜はスカルプシャンプーなどで頭皮環境を清潔に保つ

帽子は頭皮ケアだけでなく、オシャレにも、熱中症対策にも活用できるアイテムですので、正しく使って身体と頭皮の健康を守りましょう。

関連ページ