秋に抜け毛が増える理由

秋は1年の中で最も薄毛になりやすい季節。なぜ髪が抜けやすくなるのか、その原因を解説します。

AGAお役立ちニュース

抜け毛が増える季節はいつ?

1年間のうち抜け毛が増えやすい季節があります。突然の薄毛デビューをしないためにも、対策方法をチェックしましょう。

抜け毛が増える季節は?

img_013

別れの季節は春だけではなかった

1年の中で、もっとも抜け毛が多くなる季節をご存知でしょうか?どの季節にも要因はありますが、秋が一番抜け毛の多い季節と言われます。

これは夏に、頭皮へ様々な刺激を蓄積させてしまうのが原因。秋になる頃には刺激に耐え切れず、弱ってしまうのです。夏の過ごし方にもよりますが、人によっては他の季節の3、4倍以上の抜け毛が発生することも。

ではどんなことが頭皮や髪への刺激になるのか、具体的に見ていきましょう。

夏は頭皮の天敵

頭は、太陽の光を最も強く浴びている部位。右を向いても左を向いても、常に頭頂部は陰ることなく紫外線を浴び続けています。

紫外線によるダメージは、頭皮も毛も計り知れません。夏になると、髪が傷みやすくなったと実感する方も多いのでは?しかし肌への紫外線対策を行なっていても、髪や頭皮へも気を配っている人は少ないですよね。

それからダメージの原因は紫外線だけではありません。太陽の光を浴びた頭皮は、汗をかきやすくなります。多くの汗をかくということは、それだけ皮脂も分泌されるということ。皮脂が毛穴につまると、抜け毛を起こしやすくなります。

さらにダメ押しのように、夏のエアコン。これも頭皮に強いダメージを与えます。抜け毛を誘発する乾燥した冷気が、常に頭皮へと降りかかるのです。想像しただけでも抜け毛になりそうですね。

そんな過度なダメージを蓄積したまま、私たちの頭髪は秋を迎えます。これだけの刺激を受けるのですから、一気に夏の負担が現れても何もおかしくはないのです。

秋を別れの季節にさせないために対策を

■帽子をかぶってUV対策

紫外線を手っ取り早く防ぐには、帽子をかぶることが一番です。熱中症対策にもなるので、夏に外出する際はなるべく帽子をかぶるようにしましょう。

■頭皮の汚れを毎日しっかりと洗い流す

暑さの残る季節、軽くシャンプーするだけの人は、余分に分泌された皮脂を洗い流せていない可能性があります。

皮脂が毛穴に詰まると抜け毛の原因になります。汗をかきやすい時期はいつもよりも念入りにシャンプーを行なうことが大切です。頭皮を傷つけないよう指の腹を使って、しっかりと洗いましょう。

また十分にシャワーですすぐこと。シャンプーが少しでも残っていると、そこから炎症を起こして抜け毛の原因になることもあるので注意が必要です。

■頭に化学的な刺激を与えない

整髪料やカラーリングもほどほどに。もとから弱っている状態の髪や頭皮に、整髪料やカラーリングは刺激が強すぎます。特に、市販の安価なカラーリングは、ただでさえ抜け毛の原因となるもの。どうしてもカラーリングを行ないたい場合は、美容院で低刺激の薬剤を使ってもらうようにしましょう。

夏にきちんと対策を打てば、初秋に抜け毛を防ぐことも可能です。次の夏からは、これらの対策を実践してみましょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

夏は頭髪への危険がいっぱいです。毛根三銃士は敵にも紫外線にも負けないよう、常に帽子をかぶるのがスタイル。みなさんも、夏場は帽子をかぶるようにしたほうが良いでしょう。

しかし帽子をかぶってしまったら、せっかくヘアセットをしても崩れてしまいますよね。夏はおしゃれを楽しみたい季節でもあるでしょう。私も若いころはそうでしたから。

そんな方たちにおすすめしたいのが、UV対策スプレー。スプレータイプであれば吹きかけるだけで対策できます。

最近では、髪専用のUV対策スプレーも販売しているのでお店で探してみまると良いです。香りのバリエーションも豊富なので楽しめるはず。

とは言っても、UV対策のみをしていれば何をしてもいいというものではありません。現代では若者が髪をカラーリングするのは、当たり前のようになっていますが、それは紛れもなく自分の髪を傷めている行為です。

健康的な美髪を維持するために、カラーやパーマに使う薬剤は害でしかありません。くれぐれも、夏だからと言って羽目をはずしすぎて、毛まで頭皮から外れてしまうなんてことのないように。

関連ページ