白髪染めが薄毛の原因になる? | AGA・薄毛の噂を検証

よくあるウワサ「白髪染めするとハゲる」の真相は?噂がささやかれる背景についても解説します。

AGAお役立ちニュース

白髪染めは薄毛の原因になるのか?

白髪染めが薄毛の原因となるというのは本当でしょうか?ここでは、白髪染めが頭髪に与える影響やダメージなどについて見ていきます。

白髪染めが抜け毛の原因になる?

加齢によって増えてくる白髪。

その対策として、多くの人が使っているのが白髪染めです。

しかし、この白髪染めが薄毛の原因になっているという意見があります。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

白髪染めが薄毛の原因となっているというのは残念ながら本当です。

女性なら35歳くらいから白髪染めを使い始めると思いますが、市販の白髪染めやヘアカラーを使っていると頭皮へのダメージが蓄積してしまい、かぶれや痛みといった症状が出ることがあるのです。

白髪染めが頭皮や髪に与える影響

白髪染めを使うことによる髪や頭皮への影響とそれにより薄毛の悪化に繋がるのかどうかをライティングしてください。薄毛の原因になる場合でもならない場合でも根拠を記載した上で説明してください。

シャンプーやパーマ液などをはじめ、美容やオシャレのために、髪にはさまざまな薬品が使用される機会があります。

白髪染めもその一つで、その性質などによっては頭髪や頭皮に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

もちろんすべての白髪染めが頭皮に悪影響が出るわけではありませんし、最近の白髪染めは頭皮へのダメージが抑えられるように工夫されています。

しかし、やはり白髪染めによる頭皮へのダメージは決してゼロではないのです。

ここでは、白髪染めが頭皮や髪に与える影響について見ていきましょう。

市販の白髪染めの中には、使っているうちに頭皮がヒリヒリしてきたり、かぶれが出てきたりといった症状を引き起こすものがあります。

またそれらの中には、硝酸銀などの金属成分が含まれていることがあります。

こうした白髪染めを金属アレルギーを持っている人が使用すると、非常に高い確率で脱毛などの症状が出るので要注意です。

毛髪の表面にあるキューティクルは普段は閉じていて、水分やタンパク質が流れ出ないようになっているのですが、カラーリング剤はこのキューティクルを開かせる効果を持っています。

そして開いたキューティクルから入り込んだカラーリング剤を、身体の側は有害な物質だと判断して毛穴を閉じてしまうのです。

毛穴が閉じた状態だと、頭髪が弱ったり切れたりといった薄毛の症状が起こるのです。

さらに、こうした状態でさらに問題のあるカラーリング剤の使用を続けると、アレルギー反応に悩まされることになります。

白髪染めによる頭皮や髪へのダメージを減らすには

白髪染めによる頭皮へのダメージを減らすには、どのような手段が有効なのでしょうか?

まず一番有効なのは、頭皮へのダメージが少ない白髪染めを選ぶことでしょう。

安かろう悪かろうということで、手軽に手に入る白髪染めはたいてい人体へのダメージも大きいものです。

なので、安価だからと言って安いものばかり使うのではなく、可能であれば天然成分100%のものを使うのが望ましいでしょう。

当然そうしたものは手に入りにくかったり、かなり高額だったりするわけですが、安いものを使い続けるとすぐには悪影響が出なかったとしても、有害物質は確実に身体の中に溜まっていきますので、早い段階で安全な白髪染めに切り替えておくのがいいでしょう。

また、前述の通り白髪染めの中には硝酸銀などの金属成分を含んでいるものがあります。

自分が金属アレルギーを持っているのを知らずにそうした白髪染めを使ってしまうのは危険なので、アレルギーの有無を調べておくのも対策としては有効です。

金属アレルギーの有無を調べるには、パッチテストがいいでしょう。

パッチテストとは肌に試薬を当てて反応を見るという検査で、当てた部分に発疹や赤みが出たばあいは金属アレルギーがあると判断されます。

しかし、このパッチテストで陰性の結果が出たとしても金属アレルギーの可能性は残っているので、頭皮へのダメージを抑えるためには使う白髪染めの成分などをしっかり確認することが大切でしょう。

本格的に薄毛対策を行ないたいならクリニックへ

これまで述べてきたように、白髪染めはその種類によっては頭皮や毛髪にダメージを与えてしまいます。

そのため、そうしたダメージを抑えるためには、天然成分を用いた白髪染めを使ったり、白髪染めを使う前に金属アレルギーの有無を確かめておくことが大切です。

しかし、こうしたことは直接的な薄毛の改善につながるものではないということは意識しておくべきでしょう。

確かに金属成分を含む白髪染めや安価なヘアカラーは、金属アレルギーの症状を引き起こしたりするので、それらの使用をやめ、適切な白髪染めを使うようにすれば、白髪染めによるダメージは改善されます。

しかしそれは、薄毛の原因そのものを取り除いてくれるわけではありません。

薄毛の根本的な改善を求めるのなら、やはりクリニックでの診断を受けるべきでしょう。

【まとめ】白髪染めはしっかり選んで使おう!

やあ、毛根三銃士のミーノだ!

普段、何気なく使ってる白髪染めが薄毛の原因になるなんて、なかなか怖い話だよな……。

知らないうちに薄毛が進行してた……なんてことにならないように、ここでもう1回おさらいをしておこう。

白髪染めの中には薄毛の原因になってしまうものがある。

安いものだとかぶれや発疹のような症状が出たり、中に含まれている硝酸銀のような金属成分のせいで金属アレルギーの症状が出たりする危険性があるんだ。

そういう事にならないためには、使う白髪染めをよく選ぶことが大切だ。

自然素材100%のものを選ぶようにしたり、事前にパッチテストを受けて金属アレルギーの有無を調べておくようにしよう。

だが、薄毛の根本的な改善を求めるなら、クリニックでの診断を受ける必要があるということを忘れないでくれ。

関連ページ