プロペシアとは?副作用で体毛が濃くなる?

プロペシアで体毛が濃くなる?体への影響が気になる人のために、プロペシアの特徴や副作用をまとめてみました。

AGAお役立ちニュース

AGA治療薬プロペシアで体毛は濃くなる?

AGAの治療薬としてさまざまな医薬品が開発されていますが、効き目が強いだけに副作用も気になるもの。ここでは有名なAGA治療薬プロペシアの特徴と副作用について紹介します。「プロペシアを飲むと体毛まで濃くなる」というウワサの真相をまとめているので、チェックしてみてください。

プロペシアはどんな薬?

処方箋が必要なAGA治療薬

一般名称フィナステリドと呼ばれる、米国メルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

1992年に開発された前立腺肥大の治療薬が、AGAに対して脱毛抑制効果を示したことが開発のきっかけと言われています。世界で初めて医師が処方するAGA治療薬として注目され、現在では60か国以上で承認されています。

医療用医薬品として認可された唯一の治療薬

日本では2005年に厚生労働省にて認可され、同年12月にMSD株式会社(旧:万有製薬)より発売されました。現在厚生労働省から医療用医薬品として認可されている、唯一のAGA治療薬です。

「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があり、錠剤の形状は円形で薄い赤色のフィルムでコーティングされています。

価格は1月分あたりジェネリック薬で3,400円、クリニックによっては15,000円と実にさまざま。薄毛治療は保険適用外治療のため、費用には幅があるようです。

プロペシアの効果

ヘアサイクルを正常化してくれる

プロペシアの効果を説明するには、AGAのメカニズムを知る必要があります。AGAは、頭皮にある毛乳頭細胞内の5α‐還元酵素によって、DHTという強力な男性ホルモンが生成されることから始まります。このDHTによってヘアサイクルが乱され、薄毛や脱毛が進むのです。プロペシアは5α‐還元酵素の働きを抑える効果があることから、最終的にヘアサイクルが正常に戻り脱毛が改善されます。

プロペシアの効果は早い人で3~4ヶ月、一般的には半年以上かかると言われています。

プロペシアの副作用

優れた効果がある一方プロペシアにはいくつかの副作用も報告されています。症状としては精力が減退する、肝機能の異常、体毛・ヒゲが濃くなるなどです。

精力減退の理由として、男性ホルモン+5α還元酵素の作用をプロペシアが阻害することで男性ホルモンが減らなくなることが原因と考えられています。これ以上男性ホルモンを作らなくてよいと身体が判断してしまい、男性ホルモンの生成が減ってしまうのです。また、プロペシアは肝臓で代謝されるため、連続の服用は肝臓に負担がかかり肝機能の異常を引き起こすことも考えられます。

プロペシアで体毛が濃くなる?

体毛への影響は考えにくい

プロペシアの服用で体毛が濃くなる、あるいは増えるといった口コミがありますが、プロペシアの作用メカニズムから考えると体毛にどの程度影響するのでしょうか?

プロペシアは男性ホルモンと5α‐還元酵素の結合を妨げる働きがあります。一方、5α-還元酵素が存在するのは前立腺と前頭部・頭頂部です。したがって5α-還元酵素が存在しない部分にプロペシアが作用するということは考えにくく、例えばプロペシアを服用して胸毛が濃くなる、といった可能性は低いと言えそうです。

体毛が濃くなるのはミノキシジル併用のせい?

ではなぜプロペシアを服用すると毛が濃くなる、という噂があるのでしょうか?クリニックで処方されるAGA治療薬には、プロペシアのほかにミノキシジルという薬が存在します。この2種類の治療薬は併用して処方されることが多いのですが、プロペシアが脱毛の改善薬である一方、ミノキシジルは血管拡張作用による発毛促進効果をもたらします。その効果は全身に及ぶため、ミノキシジルの副作用によって体毛が濃くなることがあるのです。

したがってプロペシアを服用して毛深くなった!という人は、ミノキシジルの副作用が影響している可能性があります。

副作用が心配ならクリニックに相談を

AGAの治療にプロペシアの服用を考えているけれど、副作用が不安でクリニックへの一歩が踏み出せない人は、専門のクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。すでにプロペシアを服用していて副作用の症状が気になっている人は、すぐにクリニックを受診することをおすすめします。専門の医師による問診や検査を受けて、別の治療方法の提案や副作用を抑える薬の処方をしてもらいましょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

プロペシアはAGAのメカニズムに直接作用して、根本から治療する画期的な治療薬です。効果が実証されている反面、男性ホルモンを抑制するという働きから副作用も気になるところですね。プロペシアを服用すると体毛が濃くなるという人もいますが、併用している別のAGA治療薬の副作用も考えられますから、自己判断で服用をやめたりしないで専門のクリニックに相談するのがよいでしょう。

今からプロペシアの服用を考えている人は、専門クリニックのカウンセリングを利用するのもおすすめですよ。

関連ページ