近代的な生活習慣が、薄毛の原因に?

世界の国別薄毛率をみると発展途上国より先進国の方が薄毛の割合が多いという結果に。原因は近代的な生活習慣?

AGAお役立ちニュース

近代的ライフスタイルが頭皮をダメにする?

薄毛や抜け毛に悩む人の数は年々増え続けていますが、薄毛人口が増える原因は一体何があるのでしょうか?そこには、現代の乱れがちなライフスタイルの影響があるのです。

薄毛率の高さからわかること

img_003

先進国が上位を占め、発展途上国の薄毛率が低い

以前、最新のAGA事情で薄毛が多い国のランキングを発表しましたが、ご覧になられましたでしょうか。調査結果では、薄毛率上位の国は欧米諸国が大多数を占め、東洋では日本がトップ、そして中国や韓国が続きます。

この統計結果から、ひとつわかることがあります。それは、先進国が薄毛率の上位の大半を占めており、発展途上国の薄毛率は低いということです。

近代的ライフスタイルが薄毛を引き起こす

ストレスによる頭皮への影響は計り知れない!

社会は目まぐるしく変化しており、生活習慣や仕事時間など、人々のライフスタイルに大きな影響を与えています。

ライフスタイルの変化にはストレスが大きく関わっており、近年はストレス社会と言われるほど、強いストレスを抱えながら日々を過ごしている方が多いのが現状です。そして、ストレスは頭皮環境と密接に関係しており、ストレスによって身体のホルモンバランスが乱れ、多くの脱毛症や薄毛の症状を引き起こすのです。

ストレスフリーなライフスタイルを!

頭皮と共に身体も心も健康に保つことが大切

ストレスが与える影響は頭皮だけでなく、他の身体組織にも影響を与えます。ストレスを抱え続けて生活することは、爆弾を抱えながら生活することと同じなのです。

薄毛人口の増加という現象は、現代人がストレスを抱えすぎであるため、ストレスフリーな生活を心がけるように教えてくれているのかも知れません。

趣味を持ち自分の時間を過ごす、休暇をとって旅に出る、仲間に会って楽しい時間を過ごすなどして、薄毛にならないようなストレスフリーな生活を心がけましょう。そうすることによって薄毛になりにくい頭皮環境になり、あなたの身体も心も健康を保つことができるのです。

関連ページ