ココナッツオイルの薄毛への効果を徹底調査

ココナッツオイルが薄毛の改善に効果があるというのは本当でしょうか? ここではココナッツオイルの使い方や副作用などの側面から、その有効性を探っていきます。

AGAお役立ちニュース

薄毛対策にはココナッツオイルが有効?!

さまざまな成分や栄養素が薄毛に有効だと言われていますが、その中にココナッツオイルが薄毛に有効だという意見があります。これは本当なのでしょうか? 結論から先に言うと、ココナッツオイルが薄毛に有効というのは本当です。では、なぜココナッツオイルが薄毛対策に有効なのか、その理由を見ていきましょう。

そもそもココナッツオイルってどんなもの?

りんご

そもそも、ココナッツオイルとはどのようなものなのでしょうか?

ココナッツは別名生命の木とも呼ばれているヤシの木の一種で、この実を絞って取り出したオイルがココナッツオイルです。ココナッツオイルの生産地としてはスリランカなどが有名で、その効果は多岐にわたります。

ココナッツオイルは美肌づくりや便秘解消、ダイエットをはじめとする美容効果が期待できます。また冷え性などにも効果があるので、特に女性には絶大な人気がある食品です。

また、米国の小児科医メアリー・T・ニューポート医師の著作である『アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能(SBクリエイティブ)』という書籍により、ココナッツオイルがアルツハイマーや生活習慣病の予防に効果が期待できると紹介され大きな注目を集めました。

そして、薄毛についてもココナッツオイルが持つ抗酸化作用や殺菌作用により薄毛対策に効果を発揮してくれると期待されているのです。

なぜココナッツオイルが薄毛・抜け毛に効くといわれるのか?

ココナッツオイルはなぜ、薄毛に効果があると言われているのでしょうか?その成分から見ていきましょう。

ココナッツオイルに含まれている栄養素の中で特筆すべきは、ビタミンE、ラウリン酸、オレイン酸の3つでしょう。以下にその効果をまとめてみました。

ビタミンE

ビタミンEには高い抗酸化作用があります。これによって頭皮や髪の健康状態が向上し、弱体化した頭髪を回復することができます。ほかにもビタミンEには血管拡張効果があり、これによって血管が広がることで結構が改善され、頭皮や頭髪に十分な栄養が届くようになるのです。

これらの効果は薄毛改善だけでなく、アンリエイジングや美容面にも効果を発揮してくれます。

ラウリン酸

ラウリン酸には殺菌効果や免疫力の向上といった効果があります。薄毛の人はフケが溜まることで頭皮の健康状態が悪化しているケースもあるので、この作用により頭皮が殺菌されれば清潔な頭皮を取り戻す助けになります。

オレイン酸

オレイン酸には皮膚の保湿効果があります。皮膚に十分なうるおいがあって健康状態が保たれていれば、頭皮や皮膚の乾燥を防ぐことができます。

頭皮に十分なうるおいが与えられず乾燥してしまうと頭皮の健康状態が悪化し、フケが出やすくなったり痒みが出たりといったことが起こり薄毛を閣下させてしまいます。薄毛の防止のためには、頭皮の保湿は非常に重要なポイントなのです。

ココナッツオイルは一般的に女性が使うというイメージがありますが、男性の薄毛対策も有用です。特に整髪料を使う機会が多い男性の場合は頭髪の状態が悪化しやす傾向にあります。そのような男性の薄毛対策としてココナッツオイルが持つ効能は相性が良いのです。

ココナッツオイルの使い方

ここまで述べてきたように、薄毛への改善効果が期待できるココナッツオイル。薄毛の対策にはどのように使えばいいのでしょうか? ココナッツオイルの使い方をまとめてみました。

シャンプー前のマッサージ

ココナッツオイルを洗髪前のマッサージに使うことで、頭皮の匂いや血行の悪化の改善効果が期待できます。

ココナッツオイルは固まりやすいので、マッサージを行う際には、適切な分量を湯煎で溶かした上で使用するのがおすすめです。

マッサージの手順は以下のとおりです。

  1. 溶かしたオイルを頭皮全体になじませる
  2. 側頭部、前頭部、頭頂部の順番で、指の腹を使って丁寧に優しくマッサージする
  3. 蒸しタオルで頭を包み、30分程度放置する
  4. オイルを洗い流す
  5. 洗髪を行う

シャンプー後に付ける

ココナッツオイルの使い方には洗い流さない方法もあります。

使用方法としては、シャンプーをした後にココナッツオイルを髪全体に塗ったまま放置するという、洗い流さないトリートメントのような使い方です。

簡単で手間のかからない方法でありますが、そのまま洗い流さないのでオイルをあまり大量に付けすぎないように気をつける必要があります。また、オイルを付けたままになるので臭いが残るというデメリットがあるため注意してください。

ココナッツオイルに副作用はある?

薄毛に効果のある有効成分を含んだ育毛剤などにはしばしば副作用がありますが、ココナッツオイルには副作用があるのでしょうか?

ココナッツオイルは自然素材ではあり、含まれる成分は基本的には人体に害を及ぼすことは少ないです。

しかし、人によってはココナッツオイルに含まれるラウリン酸に対するアレルギー反応として、湿疹などの副作用が出るケースがあるようです。

健康な人が使用する場合には特に問題はありませんが、アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚に関連する疾患を持っている人の場合は湿疹や下痢といった症状が起きることがあります。

自分にココナッツアレルギーがあることを知らずに使ってしまい副作用が……というケースもありますし、場合によっては重篤なアレルギー反応が出る可能性もあるため、使用中に少しでも異常を感じたら、直ちに使用をやめて皮膚科を受診しましょう。

また、副作用というわけではありませんが、オイルの種類によっては匂いが強いものがあるので、事前に匂いの確認をさせてもらえるお店で購入することをおすすめします。

毛根三銃士フィナスからのコメント

ココナッツオイルは、名前の通りココナッツの実を絞って抽出したオイルです。

その効果はさまざまで、まさに万能選手と言ったところ。美容やダイエット効果などがあり、特に女性に人気があります。

このココナッツオイル、実は薄毛にも効果があります。ココナッツオイルの主成分はビタミンE、ラウリン酸、オレイン酸の3つなのですが、これらには抗酸化作用や殺菌作用、保湿効果などがあり、それらによって頭皮の健康状態の改善、潤いの維持といった薄毛の改善効果が得られるというわけです。

使い方は主に、シャンプーの前にオイルを付けてマッサージしたり、シャンプーの後に髪に塗るなどがありますね。

副作用についてはアレルギー反応で湿疹や下痢が起こる場合があります。また、種類によっては強い匂いがするものもあるので、しっかり自分に合ったものを選んで使いましょう。

関連ページ