お酒が薄毛を招く?

飲み会好きの方には残念な話ですが、お酒は薄毛を招く要因の一つ。ここではアルコールと薄毛との関係について詳しく解説します。

AGAお役立ちニュース

お酒の飲みすぎは薄毛を招く?

お酒の飲みすぎは薄毛を招く原因の一つと言われています。休肝日を設けずに、毎日アルコールを摂り過ぎている人は要注意です。ここでは、お酒、アルコールと薄毛との関係について解説します。

お酒が薄毛を招く3つの理由

昔から「酒は百薬の長」と言われていますが、確かに適量のお酒であれば頭皮の血行が良くなり、かつストレス解消にもなるため、むしろ薄毛・抜け毛を防止する効果が期待できるでしょう。

ところが、つい適量を超えてアルコールを摂ってしまうと、お酒は薄毛を招く原因にもなってしまいます。

ここでは、お酒の飲みすぎが薄毛を招く理由について、3つに分けて解説します。

アセドアルデヒドがDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させる

体内に摂取されたアルコールは、肝臓で分解されてアセドアルデヒドという物質に変化します。このアセドアルデヒドは、AGAの直接的な原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させる働きを持っていると言われています。

髪の材料であるケラチンの生成が遅くなる

お酒を飲んでいるとき、つい揚げ物などの脂っぽいメニューを多く食べてしまう傾向があります。また、お酒を飲んだ後、ラーメンなどの糖質の高いメニューを食べてしまうこともあります。脂質や糖質の摂取が多くなると毛穴が皮脂で詰まりやすくなり、ひいては薄毛を招く原因にもなってしまいます。

肝機能が低下して栄養が吸収されない

肝臓にはGF-1というインスリン様成長因子を分泌する働きがあります。GF-1という物質は、毛髪の成長を促進させる重要な成分です。喫煙により肝機能が低下し、髪の毛の成長が阻害されてしまうことに。

そのほか、髪に栄養を送るための成分「血漿タンパク質」を作る働きもあります。肝機能の働かなければ、髪の毛の成長は難しいのです。

最も大事なことは、お酒を適量に抑えること

お酒好きの方がアルコールを控えることは難しいかも知れませんが、薄毛を予防するため、また薄毛を進行させないため、少しでもアルコールを適量にする努力をしたいところです。

どうしても適量に抑えることができない人は、最低でも次の2つを心がけてみてください。

休肝日を設ける

最低でも週に1度は、お酒を完全に断つ日、つまり休肝日を設けるようにしてください。毎日の飲酒が習慣化している人は、試しに1日だけ休肝してみましょう。翌日、いかに体調が良いかを知ることができます。

お酒を飲まないときの快適さを体に覚えさせることが、休肝に向けた第一歩になるでしょう。

飲み過ぎてしまったときは暴飲暴食を避ける

頭皮の皮脂を過剰分泌させないためにも、飲み過ぎてしまったときは「締めのラーメン」などを避けてください。もちろんケーキやお菓子なども避けましょう。たくさんの水を飲んで、速やかに床に就くことをおすすめします。

毛根三銃士パントからのコメント

お酒好きの人がみんなAGAになるというわけじゃないわ。その辺は誤解のないようにね。ただ、もともとAGA体質・AGA家系の人がお酒を飲み過ぎると、薄毛の始まりが早くなったり、薄毛の進行が早くなったり、ということよ。

ちなみに、人よりもお酒を飲む豪傑男子って、私、個人的には嫌いじゃないわよ。でも私の彼氏が、アルコールが原因でAGAになってしまったら、ちょっと寂しい感じがするわ。彼女や奥様のためにも、アルコールはほどほどにね。

関連ページ