若ハゲになる原因は一体何か?

10代なのに若ハゲかもしれない…そんな薄毛に悩まされる人のために、若ハゲの原因や対策についてまとめましたのでご紹介します。

AGAお役立ちニュース

若ハゲの原因は?その対策方法とは?

まだ10代なのにハゲてきたかもしれない…若いのに薄毛に悩んでいる人のために、若ハゲとは何か、その原因と対策についてまとめてみました。

若ハゲの原因とは?

若ハゲとはその名の通り、若いうちにから薄毛が進行してしまうこと。人は年を重ねるにつれて髪が抜け、中にはハゲる人もいます。しかし若ハゲの場合は加齢とは関係なく、髪が抜け落ちてしまう状態。早い人だと、10代なのに若ハゲが始まってしまうという人もいますが、多くは20~30代に始まるとされています。

ではその原因についていくつかご紹介しましょう。

頭皮への負担

原因の一つとしては、頭皮に負担をかけていることが挙げられます。

頭皮は皮膚が薄く、毛細血管がたくさん通っているデリケートな部位。強い刺激を与えてしまうと頭皮が傷ついてしまい抜け毛を誘発してしまいます。

頭皮に負担を与える要因としては、シャンプーやそのあとの乾かし方、紫外線などの刺激が考えられます。洗浄力が高いシャンプーの中には、刺激が強い成分を含み頭皮の炎症を促すものがあります。

添加物が少なく、肌に優しいシャンプーを使用するとよいでしょう。洗髪後に自然乾燥させると、毛髪の湿度が高まり頭皮の雑菌が繁殖、頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまいます。ドライヤーを使ってしっかり乾かすことが大切です。

また紫外線を長時間浴びると肌の老化が促進されるため、適度に帽子などを活用しましょう。

悪い生活習慣う

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を抑えてしまうため、髪も十分成長できず弱々しい毛髪になってしまいます。睡眠時間が短めでもしっかりと深い眠りにつけるよう調整しましょう。

また、高コレステロールの食品ばかり食べていると血行不良や皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境を悪化させ髪の成長を妨げます。脂質は適度に摂取し、ビタミン類などを多めにとることで頭皮環境を整えましょう。

ストレスに弱い人は自律神経のバランスが乱れやすいため、血管が縮んで毛髪の成育を妨げることに。ストレスはこまめに発散するとよいでしょう。

ただし喫煙は要注意。ニコチンの作用で毛細血管が縮み、血の巡りが悪くなります。また喫煙によって体内のビタミンCが破壊されると、髪の成長に必要な栄養の吸収が妨げられます。喫煙は適度に行い、ビタミンを補給することが必要です。

若ハゲの原因に多いAGAとは?

若ハゲの原因をいろいろとご紹介しましたが、実は男性の薄毛の9割は「AGA」が原因と言われています。

AGAは男性ホルモンが関係する脱毛症で、他の薄毛原因よりも対策が厄介。AGAの発症は遺伝子によってあらかじめ決められているため、他の薄毛原因の対策はあまり効き目がないのです。

では若ハゲの主な原因と言われるAGAとはどのようにして起こるのでしょうか。

AGAの症状

AGAになるとまず、毛髪を作り出す根っこの細胞が大きく成長できなくなります。その結果、髪は太く強く育つことができず、短く細い状態で抜けてしまいます。

髪が成長する期間は通常3~5年ですが、AGAになると半年から1年の短い周期に。一生のうち、生える→抜けるの毛髪サイクルの回数には限りがあることから、AGAによって毛髪サイクルの回転が早まってしまうと、正常時よりも何倍も速く髪の寿命が尽きてしまいます。

AGAが起こるメカニズム

AGAは男性ホルモン(DHT)によって発症します。DHTは男性が持つホルモン(テストステロン)と頭皮の細胞に存在する酵素(5α-リダクターゼ)によって生成される男性ホルモンで、毛髪の成長を抑制し、毛が抜けるように働きかけます。

遺伝的に若ハゲの人は、この5α-リダクターゼの生成量が多いため、DHTが大量に作られ脱毛を促すのです。

若ハゲの対策

生活習慣に起因する若ハゲは、バランスの良い食生活や適度な運動、喫煙の頻度を下げるといった生活の見直しである程度改善が期待できます。洗髪方法や乾かし方を変えるなど、意識して頭皮への負担を減らすことも重要です。

一方AGAは男性ホルモンが関係していることから、このホルモンの生成を抑制することがポイントになります。一般的には、AGAの原因物質である男性ホルモン(DHT)を作り出す酵素(5α-リダクターゼ)の働きを抑えるフィナステリドという薬が有効です。

フィナステリドは「脱毛抑制効果」がありますが発毛を促すものではないため、若ハゲが進んでいる人は「発毛促進効果」があるミノキシジルという薬を併用する必要があります。

若ハゲには個人差があるので、どの育毛剤や発毛剤をつかったらいいかわからなかったり、副作用が不安だったりする場合は専門のクリニックに相談して自分に合った治療方法を行うことをおすすめします。

毛根三銃士パントからのコメント

10代だからといって油断は禁物。生活習慣の乱れや髪の扱いが雑になると、若ハゲになる可能性は十分にあるわ。薄毛が気になったらまず頭皮を労わることから始めてみてね。

色々試しても改善が見られないときにはAGAの可能性も。AGAは症状が進むと治療が大変だから、不安に感じたら専門家にすぐ相談したほうがいいわね。

関連ページ