サウナで薄毛対策ができるって本当!?気になる噂の真相を解明 | AGA・薄毛研究の最新情報

AGAお役立ちニュース

サウナが薄毛対策になるって本当?

サウナが薄毛の改善に効果があるというのは本当でしょうか? ここではサウナの使い方や副作用などの側面から、その有効性を探っていきます。

サウナで薄毛対策ができるという噂の真相は?

さまざまな成分や栄養素が薄毛の改善効果があると言われています。

その中で、サウナに薄毛の改善効果があると言われていますが、これは本当なのでしょうか?

結論から先に言いますと、サウナには薄毛の改善効果が認められています。

直接的な発毛・育毛効果はないものの、交感神経の活性化やデトックス効果によって薄毛を改善することはできるのです。

サウナで薄毛対策ができるというのは本当なのか?

前述の通り、サウナには薄毛の改善効果が認められています。

では、ここではその根拠について説明していきましょう。

まず挙げられるのは「交感神経の活性化」です。

薄毛の原因はたくさんありますが、その中の一つに血行不良と栄養不足があります。

このふたつの要素は密接に関係しています。

血流には必要な栄養を全身に送り届けるという重要な役割があるのですが、血流が悪化するとそれが栄養が必要な部分に十分に行き渡らなくなってしまいます。

そして、その影響をまっさきに受けるのが体の末端部分。もちろん毛髪も該当します。

サウナの中と外には大きな温度差がありますが、これによって交感神経が活性化されます。

交感神経が活性化されれば、代謝が向上し、血行が促進されるのです。

また同時に、副交感神経も活性化されます。

副交感神経が活性化されれば、血管の拡張効果が得られます。

これによって血管が広がり血行が良くなれば、体のすみずみにまで栄養が十分に運ばれるようになり、毛髪の健康状態が向上するのです。

サウナに期待できる薄毛への効果とは

ここでは、サウナが人体に及ぼす影響の観点から、サウナの薄毛に対する効果について、項目ごとに分けてより詳しく見ていきましょう。

・交感神経の活性化

サウナによって急激な温度変化があると、交感神経が活性化します。

交感神経が活性化すると、運動をした時のように心拍数や血圧が上昇し、興奮状態となります。

それによって代謝が活性化され、血行が促進。

血行が促進されれば各種栄養素が頭皮まで行き届くようになるので、頭皮や毛髪の健康状態が改善されます。

サウナと冷水浴を繰り返すことで、さらに交感神経を活性化させることができます。

・副交感神経の活性化

サウナで体が温まることによって、副交感神経が活性化します。

副交感神経は、交感神経とは逆に、心拍数を抑えたり、血圧を低下させたりする効果があります。

それにともなって血管の拡張効果があるので、血液が流れやすくなります。

ほかにも、副交感神経には体を休眠させる効果もあるため、心身がリラックスし快眠効果を得られます。

髪を健康に成長させるための成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足の状態が続くと髪の状態が悪化し、抜け毛や薄毛に繋がります。

睡眠は髪の成長にとても重要な要素なのです。

・デトックス効果

薄毛の原因の一つに、毛穴に老廃物や汚れが溜まって塞がってしまうというものがありますが、サウナで汗をかくことで発汗が促進されると毛穴に詰まっていた老廃物や汚れを排出することができるのです。

また、サウナで汗腺が活性化することで体温調節機能を正常化することもできます。

サウナで汗をかいた後は、出てきた汚れをしっかり洗い流すことも忘れずに!

・疲労回復

思いっきり運動して汗をかくと精神的にもすっきりしますが、サウナでも同じ効果が得られます。

ストレスが溜まってくると自律神経の具合が悪くなり、血流も悪化して薄毛の症状が出てしまうもの。

そのため、サウナで汗をかいてすっきりすればストレスの発散ができ、疲労回復効果も得られるのです。

サウナの入り方と注意点

ここでは、サウナの正しい入り方と注意点について見ていきましょう。

まずは正しい入り方を、手順ごとにまとめていきます。

1、しっかり体を拭く

体に水分がついた状態でサウナに入ると、その水分はサウナの熱で水蒸気になります。

その際に体の熱が奪われてしまうので、体に水分がついたままだとかえって体が冷えてしまうのです。

また、汗が出にくくなってしまうので、サウナに入る前にはしっかり体を拭いておきましょう。

2、サウナ室に10分から15分ほど入る

あまり長時間サウナに入っていると、体への負担が大きくなるので危険です。

短時間での入室を繰り返すのがサウナの正しい入り方です。

3、サウナ室から出た後、水風呂に入る前に心臓から遠い場所から水をかける

サウナ室から出たら次は水風呂ですが、その前に体の汗を洗い流します。

このときには必ず、心臓から遠い場所から水をかけるようにしましょう。

4、1分程度水風呂に浸かる

これらの手順を3回程度繰り返すのが、サウナの正しい入り方です。

サウナに入る際の注意点としては、「サウナ前の飲食、アルコール摂取は禁止」「水分補給を行う」があります。

サウナ中は一気に全身の血液が循環するので、消化が悪くなってしまいます。

また、アルコールを摂取していると一気に酔いが回ってしまいますので、特に注意しましょう。

水分補給については言うまでもないでしょう。

アルコールと水分補給に関しては、命にかかわる事故になる可能性もあるので、十分注意してください。

【まとめ】

薄毛の改善に効果があるって言われているものはいろいろあるけれど、サウナにも薄毛の改善効果があるのよ。

サウナに入れば、当然たくさん汗をかくわよね?それが効くのよ。

まず交感神経と副交感神経の活性化。

交感神経が活性化すれば身体は興奮状態になって血行が促進されるし、副交感神経が活性化されればリラックス効果が得られるの。

さらに汗をかけば毛穴に詰まった老廃物や汚れを排出できるし、思いっきり汗をかけばストレス解消になるから疲労回復効果もあるといいことづくめ!

でもそうした効果を得るためには正しいサウナの入り方を知らなきゃダメ。

入る前にはしっかり体を拭いて、入る時間は10分から15分。出た後に水風呂に入る前には心臓から遠い場所から水をかける。

サウナに入る前には飲食やアルコール摂取はダメよ。そして水分補給はこまめにね!

関連ページ