プロペシアをやめるタイミングはいつ?

プロペシアを止めるとAGAが進行するとか、副作用が残るとか…いろんな噂が気になる人のために、プロペシアを止めるとどうなるか、いつ止めるべきかまとめてみました。

AGAお役立ちニュース

プロペシアをやめるとどうなる?いつやめる?

今後もプロペシアを飲み続けるか迷っている…連続服用に悩む人のために、ここでは「プロペシアをやめたらどうなるか?」について解説します。

プロペシアをやめるとAGAは進行する?

結論として2つのパターンが考えられます。

  1. AGAが進行する
  2. ほとんど変わらない

AGAが進行する

プロペシアの効果が現れている人は、中止すると再びAGAが進行する可能性が高いと言われています。プロペシアはAGAの原因である男性ホルモン(DHT)の生成を抑制することで、薄毛の進行を妨ぎます。使用を中止すると、DHTの生成が再び活発になり、ヘアサイクルが乱れ抜け毛を促進してしまうことに。プロペシアは脱毛の増加を抑える薬であり体質を改善させるものではないため、服用の中止=脱毛が再開してしまうのです。

ほとんど変わらない

プロペシアの服用を中止してもそれほど変化がない場合があります。それはプロペシアの効果を実感できなかった人たちが、服用を中止する場合です。プロペシアはDHTの生成抑制効果が認められた医薬品ですが、使用感には個人差があります。プロペシアを服用したものの体内のDHTが減少せず薄毛に効果がなかったり、あるいは薄毛の原因がDHTではなかったりすることも考えられます。従って効果を感じなかった人はプロペシアの服用を中止しても急に薄毛が進行するようなことはありません。

プロペシアの副作用はなくなる?

プロペシアの副作用

プロペシアは医薬品のため、人によっては副作用のリスクがあります。具体的には肝機能障害、性欲減退、勃起不全、乳房肥大、抑うつ症などです。プロペシアを服用した人すべてに副作用が現れるわけではありませんが、症状が現れた場合は一度服用を中止し、専門の医師に相談することをお勧めします。

副作用の症状が認められた場合、概ね服用を中止することで症状は治まります。成分が血中に残る期間はおよそ1か月であるため、副作用は1か月ほどで治まると言われています。ただし、同時に脱毛の遅延効果も失われます。

副作用が持続するポストフィナステリド症候群

多くの副作用は、服用中止後に回復すると考えられていますが、まれに服用を中止しても副作用の症状が改善しないというケースが報告されています。

これはポストフィナステリド症候群と呼ばれ、特に問題になっているのは性欲減退、勃起機能不全、射精障害などの生殖関連の副作用と、抑うつ症状という精神的な副作用です。

ポストフィナステリド症候群については、現時点では有効な治療方法が見つかっていないため、それぞれの症状に合わせてホルモン補充療法や抗不安薬の処方などが行われています。

子作りはできるのか?

AGAの原因物質といわれているDHT(ジヒドロテストステロン)は、実は胎児に対し陰茎や陰嚢の形成を促すという大事な役割を持っています。そのため妊娠中の女性がプロペシアを服用することや手で触れることは固く禁止されています。

フィナステリドは精液にも移行するため、性交によって精液中のフィナステリドが女性の体に移る可能性は否定できません。ただ、精液中のフィナステリド濃度を調べた結果、胎児に影響を及ぼすほどの量が女性に吸収されることはないと考えられります。したがって子作りのためにプロペシアの服用を止める必要はありませんが、不安であれば子作りの1か月前から使用を中断するとよいでしょう。体内に吸収されたフィナステリドは約1か月で血中からなくなるため、服用後1か月以降であれば安心です。

子作りに関しては、プロペシアの取り扱い方法などの情報をパートナーの女性と共有しておくべきでしょう。

プロペシアをやめるタイミング

AGAの治療に高い効果を発揮するプロペシアですが、長く続けないと効果が見られなかったり、経済的にも負担が大きくなったり…そんな理由でプロペシアを卒業したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

プロペシアをやめたい理由

プロペシアをやめたい理由をまとめると大体次のようになります。

  • 効果がないと感じている
  • 金銭的に不安だ
  • 子作りを考えている
  • 結果に十分満足した
  • 副作用が気になる

効果の有無については実感するまでに最低でも6か月はかかることやその人の体質、生活習慣なども関わるため、飲み始めて1か月や2か月でやめようと考えているならばもったいない話です。また、プロペシアは服用を止めると脱毛抑制効果もなくなってしまいます。自己判断で止めず、医師に相談することが必要です。

いつプロペシアをやめるべきか

プロペシアの服用を止めるベストなタイミングはありません。副作用が原因でプロペシアの服用を止めようとしている人は、まず担当の医師に相談しましょう。服用を止めてもまれに副作用が続く場合があります。(ポストフィナステリド症候群)治療方法の見直しや治療薬の変更などアドバイスを受けるのが得策です。プロペシアは子作りにも影響しますので、服用を止める前にどんなリスクがあるか、どのような症状があるかといった説明を受けて納得してから服用を止めるようにしましょう。

毛根三銃士パントからのコメント

AGA治療も長く続けていると、このままでいいのか不安が出てくるのは当然よね。プロペシアの効果はあくまでも「脱毛抑制効果」であって体質を変えられるわけじゃないから、急に自分の判断で続けるのを中止するのはやめたほうがいいわ。どうするべきか迷ったら、まずは専門の医師に相談することね。

関連ページ