マカで薄毛対策ができる!?気になる噂の真相を解明 | AGA・薄毛研究の最新情報

AGAお役立ちニュース

マカが薄毛に効くって本当?

マカは薄毛に効果があるというのは本当でしょうか? 効果や栄養素、注意点などから、それについて見ていきましょう。

マカで薄毛対策ができるというのは本当?

AGAの改善方法としてはいろいろなものが有効だと言われていますが、その中に、マカに薄毛の改善効果があるとする意見があります。

これは果たして本当なのでしょうか?

結論から先に言うと、マカに薄毛の改善効果があるというのは本当です。

マカは、南米はペルーを原産地とする野菜で、高機能栄養食品として現地で利用され続けています。

マカに含まれる栄養は、アミノ酸、ミネラル、鉄分など。

しかしそれ以外にも注目すべき栄養素があるのです。

それは、グルコシノレート。

この栄養素には精力を向上させる効果があることが、さまざまな実験で立証されています。

これと前述の豊富な栄養素によって、ホルモンバランスが調整されるのです。

これらの効果によって、マカはAGAを改善できるのではないかと考えられています。

マカの効果とは

マカを摂取することによって、どのような効能が得られるのかを見ていきましょう。

人体ではさまざまなホルモンが生成されていますが、このホルモンのバランスは、病気やストレスなどの外的要因で崩れてしまうことがあります。

ホルモンのバランスが崩れてしまうと、AGAにおける脱毛などのような人体には様々な悪影響が出ます。

ホルモンバランスの崩れは、乱れた生活習慣を改め、バランスの取れた食事からしっかり栄養を摂ることで回復できますが、それはあくまで10代20代の若い年齢のときのこと。

30代40代と年齢を重ねていくごとにホルモンバランスの回復は難しくなっていくのですが、そこでマカに含まれるアミノ酸や鉄分を始めとする豊富な栄養を摂取するれば、ホルモンバランスを回復させ、人体の機能を正常に戻すことができるのです。

プラセンタ治療のメリットは?

マカにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか? また、それらの栄養素にはどのような効果があるのでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう。

亜鉛

亜鉛の役割は、アミノ酸を再合成し、髪の原料とすることです。

材料がなければ髪を作ることもできないので、亜鉛は薄毛対策においてもっとも重要な栄養素と言えるでしょう。

体内に取り入れられたタンパク質はいったん分解され、アミノ酸となります。

このアミノ酸は再合成され、髪や筋肉、皮膚の材料となるのですが、その再合成の過程に亜鉛が必要なのです。

マカに含まれる亜鉛は100gあたり3.8mgで、牛レバーと同等の含有量です。

ビタミンB郡

マカには、ビタミンB1・B2・B6・B12などのビタミンB郡が豊富に含まれています。

ビタミンB群の役割は、新陳代謝の活性化。

これによって頭皮の健康状態が向上します。

また、ビタミンB6にはホルモンバランスを整えるという重要な効果があります。

その含有量は100gあたりおおよそ5.91mgとなっています。

アルギニン

アルギニンの役割は、成長ホルモンの分泌を促すことです。

髪の毛の健全な成長には成長ホルモンが欠かせませんので、アルギニンの摂取は薄毛の改善に非常に重要です。

また、成長ホルモンの分泌は20歳をピークとして減少していくので、何らかの手段で補充しなくてはいけません。

薄毛だけでなく、精力減退や筋力低下の改善にも必要な、重要な栄養素なのです。

副作用はないの? マカの注意点まとめ

ここでは、マカの持つ副作用や、使用の際の注意点について見ていきましょう。

国立健康・栄養研究所のデータによれば、マカの副作用は特に報告されておらず、短期間のあいだ適切な量を使用した限りにおいては安全性が示唆されています。

しかし、使用においての注意点はいくつかあります。

まず、妊婦や授乳期の女性の使用について。

通常の食事に含まれるレベルの量においては安全であるとされているものの、サプリメントなどでそれ以上の量を摂取した際の十分な量のデータがないため、あまり過剰な量の摂取は避けるべきでしょう。

また、小児の仕様に関しては、サプリメントなどの濃縮物を使用した際の安全性には、やはりじゅうぶんなデータがないため、これについても使用は避けるべきでしょう。

他の薬剤と相性では、ロキソプロフェンを服用中の高齢男性がマカを使用したところ、薬剤性肺炎を発症したというケースがあります。

【まとめ】

マカの効能として特筆すべきは、ホルモンバランスの回復ですな。

AGAの症状もホルモンバランスの乱れが原因なのですが、マカに含まれる豊富なビタミンB郡によってホルモンバランスを回復させることで、AGAの症状を改善することができると言われています。

また、マカに含まれている亜鉛は髪の原料。

人体はアミノ酸を再合成して髪や皮膚、筋肉を生成しているのですが、このときに亜鉛が必要となるのです。

マカには、牛レバーと同等の亜鉛が含まれているのです。

他にも、マカには成長ホルモンの分泌を促すアルギニンも含まれています。

成長ホルモンは20歳をピークとして、加齢によって減少していきます。

ですので、髪の健全な成長を取り戻すためには成長ホルモンが不可欠なのです。

マカには今のところ特に副作用は報告されていませんが、妊婦や授乳期の女性、そして小児が過剰に摂取するのは避けるべきでしょう。

関連ページ