なぜAGA治療は保険適用外なのか?

AGA治療費が保険適用外なのは、厚生労働省が医療行為として認めていないから。治療費が高い理由について詳しく説明します。

AGAお役立ちニュース

AGA治療はなぜ高いのか?

AGA治療の治療費に悩んでいる人へ、なぜAGA治療は高いのか、保険適用外なのはなぜか、治療費を抑えることはできるのかをまとめてみました。

AGA治療は保険適用外

AGA治療は、怪我や病気を治す医療行為ではなく見た目を変える美容整形と同じ分類なので、健康保険が適用されません。クリニックによって料金設定が異なるため、治療費が高い傾向があります。また、AGA治療は確定申告の医療費控除も対象外です。

治療内容で金額は異なる

治療方法による金額の違いをご紹介します。

内服薬の相場

脱毛抑制効果があるフィナステリドを主成分とするプロペシアは、1ヶ月分(28錠)で7,000~10,000円になります。

外用薬の相場

代表的な外用薬は血管拡張作用のあるミノキシジル。頭皮に塗布すると頭皮の血管が拡張されるため、髪に必要な栄養が血流にのって頭皮へ届きやすくなります。ミノキシジルの相場は7,000~13,000円です。

植毛の相場

一本当たりの相場が300~1,000円なので、1,000本植毛したい場合は30~100万円になると見積もっておきましょう。

発毛治療の相場

メソセラピー療法は発毛効果が期待できる成分と、成長因子を調合したカクテルを頭皮に注入する治療法です。カクテルの配合内容や価格はクリニックによって異なっており、1回の相場は18,000~100,000円となります。基本的には1クール6回の治療が必要なため、完了するまでに10~60万円はかかると見積っておいた方がよいでしょう。

保険が適用されるケースはある?

AGA治療は保険適用外ですが、精神的な理由やほかの病気の影響による脱毛症だった場合、保険が適用されます。AGAかどうかわからない場合は、症状を見極めてくれる専門の医師に相談するとよいでしょう。

AGA治療費用を抑えるコツ

保険の適用外となるAGA治療。できれば費用を抑えて長く続けたいところです。そこでAGA治療費用を抑えるポイントについて調べてみました。

ジェネリック内服薬を使う

プロペシアのジェネリック医薬品として、ファイザー製薬のフィナステリド錠などが知られています。プロペシアと同様、AGAの原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑制し、薄毛の進行を遅らせる効果があります。相場は1ヶ月分(28錠)で4,300円と比較的安価です。

一般病院を利用する

AGA治療を受ける場合、専門病院と一般病院のAGA外来の2つの選択肢があります。

1ヶ月にかかる費用で比較すると、専門病院は15,000~30,000円、一般病院であれば10,000円~15,000円になります。値段に違いがある理由としては、専門病院の場合は発毛を主目的としているのに対し、一般病院の場合は薄毛治療(AGAの遅延)を主目的にしているためです。

一般病院は比較的安く治療を受けられますが、その反面AGAの治療薬の種類が限られていたり、薄毛の改善効果が確認しにくかったりといったデメリットがあります。

遠隔治療を受ける

近くにクリニックがなく移動費がかかる人は遠隔治療という方法があります。クリニックによっては、自宅にいてもスマホ1台で診療を受けられ、診療費がかかりません。発生するのは治療薬と血液検査の費用のみ。デメリットとしては、直接診察するわけではないので頭皮の状態を把握するのが難しく、ベストな効果が得られない場合があることです。

医療ローンを利用する

治療費を直接抑える方法ではありませんが、高額な費用を毎回払うのが難しい場合は医療ローンを利用する方法もあります。

医療ローンのメリットは、事前にまとまったお金を準備しておかなくても高額な治療を受けられることと、治療費用を分散させて家計への負担を減らせることです。

ただし、ローンの手数料で最終的な総額は一括支払いより高くなります。また、医療ローンは一度契約してしまうと途中でクリニックを変更したり治療を中止したりすることが極めて難しいため、じっくり検討してから契約しましょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

AGA治療に高額な費用がかかるのは保険適用外だから。ジェネリック薬を使う、診療費を抑えるなどAGA治療を安く受けるポイントをふまえて、自分にあったクリニックを探しましょう。

関連ページ