発毛剤と育毛剤の違いとは?

薄毛対策をしたいけど、発毛剤と育毛剤、どちらを使えばいい?という人のために、発毛剤と育毛剤の違いやAGAへの効果についてまとめました。

AGAお役立ちニュース

育毛剤と発毛剤の違いとは?

薄毛が目立ってきて、ようやく発毛剤や育毛剤を使う気になったものの種類が多すぎて選べない…そんな人のために、ここでは発毛剤や育毛剤の違いをご紹介します。

発毛剤と育毛剤とは

発毛剤と育毛剤は使用の目的や効果が異なります。一般的なスキンケア用品は、薬事法によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類。

この中で発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品に分類されます。「医薬品」は治療を目的とした薬のことで、配合されている有効成分の効果を厚生労働省が認めているもの。医師が処方する場合もあれば、ドラッグストアで購入できる場合もあります。

「医薬部外品」は厚生労働省が許可した効果・効能の明らかな成分が、一定の濃度で配合されているものです。医薬品が治療を目的としているのに対し、医薬部外品は予防を目的に作られています。

まとめると、育毛剤は薄毛を予防するためのもので、今生えている毛に働きかけて成長を促したり抜けにくくしたりするのが特徴です。これに対し、発毛剤は抜毛を抑制し発毛を促すという働きがあります。

発毛剤と育毛剤の効果の違いについて

発毛剤と育毛剤の大きな違いは発毛剤=発毛効果+脱毛抑制効果で、育毛剤=発毛促進効果という点です。

発毛剤には臨床実験などで発毛効果が実証された成分が配合されています。例えば発毛成分として主要な働きをするミノキシジルは、頭皮の毛母細胞を活性化させ発毛を促進させる効果が判明している成分です。

またフィナステリドは米食品医薬局(FDA)にも認可されている医薬成分で、薄毛の進行を促進する5α-還元酵素の働きを抑制し薄毛を抑制する効果があります。

一方、育毛剤は頭皮環境を改善することで脱毛を抑えるものです。例えば毛穴に生じている炎症を予防する有効成分としてセンブリエキスやグリチルリチル酸などが配合されています。

また、頭皮の皮脂分泌を抑制し育毛を促す効果がある成分としてドクダミエキス、血行改善成分として塩化カルプロニウム、頭皮を保湿する成分としてヒアルロン酸を配合。健康な毛髪を作る毛母細胞の栄養成分としてビオチンなどのビタミンB群やローヤルゼリーが含まれるものもあります。

発毛剤と育毛剤の安全性の違いについて

発毛剤と育毛剤は使う目的が違い、配合成分も異なりますが、安全性に違いはあるのでしょうか?市販の風邪薬や栄養ドリンクにも副作用があるように、発毛剤や育毛剤にもそれぞれ副作用の可能性が考えられます。

例えば、発毛剤の成分として配合されているミノキシジルは内服薬として使用した場合、動悸やむくみ、多毛症といった副作用が報告されています。また外用薬として塗布する場合、頭皮の発疹やかゆみが現れる可能性も。

一方、育毛剤には発毛剤ほど副作用の報告はありませんが、血行促進効果がある塩化カルプロニウムは発汗や悪寒、かゆみなどの症状が現れる場合があります。副作用は使用する人に必ず症状が現れるものではなく、利用者のコンディションや使い方で変わるもの。医師や薬剤師の話を聞くだけでなく、商品に記載されている「使用上の注意」にきちんと目を通し、副作用のリスクを把握しましょう。

AGAに効くのはどっち?

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロン)が5α‐還元酵素という酵素によってDHTという物質に変わり、このDHTがヘアサイクルの成長期を短くすることで引き起こされます。そのため、AGAを抑制したいのであればこのメカニズムに働きかける成分を選択する必要があるのです。

発毛剤や育毛剤の中で、毛根部分にある5α‐還元酵素の働きを抑制してDHTの生成を阻害成分としては、フィナステリドやデュタステリドなどがあります。いずれもクリニックで処方される内服薬に配合されていて、市販の育毛剤には使用されていません。

また発毛を促すためには、毛母細胞を活性化させる成分のミノキシジルを含む発毛剤が有効です。育毛剤の脱毛抑制効果は毛髪の成長を促進させる成分が多いため、AGAを改善したいという人は発毛剤の検討をおすすめします。

毛根三銃士パントからのコメント

発毛剤と育毛剤って似ているけどこんなに違うのね。目的によって効果も違うから、うまく使い分けることが大切よ。今生えている髪を大切にしたい人には育毛剤よね。副作用も少ないし、種類も色々あるから自分に合ったものを探してみるといいかも。

逆に今までいろいろ育毛剤を試してみたけど効果がなかったという人や、新しく髪の毛を生やしたいという人には発毛剤をおすすめするわ。医薬品だから有効成分の効果は実証済みよ。

ただし副作用のリスクもあるから、使う前には薬剤師や医師の注意をしっかり聞くようにしてね。内服する発毛剤はクリニックでしか処方されないけど、外用薬は市販のドラッグストアでも手に入るわ。発毛剤は「医薬品」、育毛剤は「医薬部外品」だから、商品の裏をみて選んでね。

関連ページ