AGAはなぜ治らないのか?どんな治療をするべきか?

AGAが治らないのは治療方法の問題?AGAは完治するのかどうか、AGAの原因と治療方法から追求しました。

AGAお役立ちニュース

AGAは治らないのか?

AGAの治療を続けているけど効果が実感できない、と治療に不安に感じている人も多いのではないでしょうか。AGAが治らないのは治療方法が適していないか、他に原因があるのかもしれません。AGAの原因と治療方法から、完治するかどうか見ていきましょう。

AGAの原因

1本の毛髪が成長し始めてから抜け落ちるまでの周期を毛髪サイクルといい、1周するのに平均して4~6年かかります。AGA(男性型脱毛症)は、毛髪が成長しきれないうちに脱毛してしまい、毛髪サイクルの周期が短くなってしまう症状です。

AGAの原因としては男性ホルモンや遺伝などが考えられます。それぞれについて詳しく説明します。

男性ホルモン

AGAは男性ホルモン(テストステロン)が関与していると言われています。

テストステロンは生体内にある酵素の一種、5α-リダクターゼの働きで別の男性ホルモン(DHT)に変化。このDHTが毛根にある毛乳頭細胞に働きかけると、毛が細く短いうちに脱毛してしまいます。

遺伝

AGAの原因は主に男性ホルモン(DHT)の影響ですが、その分泌量や細胞への働きを左右するのは遺伝子です。DHTを作り出す酵素(5α-リダクターゼ)が生まれつき多い人は、薄毛や抜け毛になりやすい傾向にあります。

ストレス

ストレスが溜まると自律神経が活発化し血管が小さくなるため、頭皮の血行が悪くなります。その結果、血液中の栄養が毛根に届きにくくなり、毛の成長がさまたげられてしまいます。

食事

脂質・塩分・糖分を含む食べ物を多く摂取すると、血がドロドロになって血流をさまたげます。また、ビタミンやミネラルの不足は頭皮の老化をまねきます。

生活習慣

睡眠不足や運動不足、あるいは過度な飲酒、喫煙などの生活習慣の乱れも、AGAの原因となります。睡眠が不足すると成長ホルモンが分泌されにくくなったり、血流が悪くなって頭皮に栄養が届かなくなったりします。飲酒は細胞分裂を抑制してタンパク質不足をひきおこすほか、喫煙は血管を収縮させて頭皮への栄養補給をさまたげてしまいます。

AGA治療方法

AGAの治療は原因別、症状の進行度別でそれぞれに合った方法を行います。

原因別に治療する場合

男性ホルモン(DHT)の増加で脱毛が進む場合は、DHTの生成を抑えることが重要です。従ってDHTの生成を促進する酵素(5α-リダクターゼ)の働きをコントロールしなくてはいけません。

そこで、5α-リダクターゼの働きを抑え、脱毛症状を緩和する有効な治療薬としてフィナステリドが利用されています。フィナステリドは「脱毛抑制効果」をもつ薬なので、同時に「発毛促進効果」が高いミノキシジルという成分を併用する治療方法が効果的です。

食事が原因で髪の栄養が不足している人は、食生活の改善やサプリメントによる栄養補給といった対応が必要となります。この場合、専門の医師による生活習慣指導を受けながら、治療を進めます。

症状の進行度別に治療する場合

AGAの進行度を確認するハミルトン・ノーウッド分類という方法があります。これは頭頂部、額の生え際、前頭葉の3エリアに対して脱毛の度合いを最大7段階で示したものです。

進行度1(生え際後退のみ)であれば、脱毛抑制効果のあるフィナステリド内服薬と発毛促進効果のあるミノキシジル外用薬の組み合わせが有効だと言われています。

進行度2~3(前頭部から進行、頭頂部から進行)であればフィナステリド内服薬+毛髪再生治療が必要です。頭皮から有効成分を注入することにより、発毛促進を重点的に行います。

進行度4~7(毛のない面積が広い状態)になるとAGA治療薬の効果があまり期待できないため、地毛植毛+AGA治療薬を併用する治療方法が提案されます。

AGAは完治するのか?

AGAの治療薬フィナステリドは、あくまでAGAの進行を抑えて抜け毛を減らす治療です。体質を改善するものではないため、治療を始めてAGAが改善したとしても、中断すると症状は元に戻ってしまいます。したがって完治する、ということはありません。

またフィナステリドは継続使用が必要ですが、効果が高い反面、肝機能障害や性欲減退などの副作用もまれに報告されています。自己判断せず、医師と相談しながら治療を進めましょう。

AGA治療の効果を高める方法

AGAは完治が難しいものの、改善する方法は確立しています。その1つがフィナステリド内服薬とミノキシジル外用薬の併用です。

フィナステリドはAGAの原因を改善して、脱毛を抑え、ミノキシジルは毛根の細胞に働きかけて発毛を促進させます。効果の異なる治療薬を併用することで、高い発毛効果が期待できるでしょう。

そのほか、頭皮環境を整えて外用薬が浸透しやすくすることも大切です。

ただしせっかく治療効果が現れても、喫煙や睡眠不足などの生活習慣でだいなしになるようでは意味がありません。生活環境の改善にも意識して取り組みましょう。

毛根三銃士ミーノからのコメント

AGAの治療には時間がかかるからな、途中で不安になるのも無理はない。かといって自己判断で薬の量を増やしたり服用をやめたりするのはNGだ。AGAは完治が難しいが、治療薬を併用することで継続的な改善効果も認められている。自分に合った方法を医師と相談しながら探してみてくれ。

関連ページ