プロテインとハゲの関係

プロテインは薄毛の原因になるのか。また、なぜそう言われているのかウワサの発端も調査しました。

AGAお役立ちニュース

プロテインを飲むとハゲるってホント?

プロテインを飲むとハゲると言うウワサは本当か調査しました。

「プロテインはハゲる」って本当?

プロテインを飲むだけでハゲることはありません

「プロテインを飲むとハゲる」という俗説があるようです。この説について結論から言うと、プロテインでハゲることはありません。むしろ抜け毛が減る効果が期待できます。

プロテインの正体は髪をつくるタンパク質

ボディービルダーの方々が愛してやまないプロテインの正体は、タンパク質です。タンパク質は、私たち人間の体の基礎となっている成分。世の中に存在する生命はすべて、このたんぱく質を基礎に成り立っています。

代表的なタンパク質を多く含む食品と言えば、肉や魚でしょう。低カロリーなタンパク質として、豆腐や納豆などの大豆食品も注目を浴びていますね。

そして髪も体の一部なので、タンパク質を主成分に成り立っています。つまりプロテインを摂取することは、髪の原料を摂っていることになります。

髪をつくるには他にも必要な栄養素があるので、プロテインを摂れば髪が必ず生えてくるというわけではありませんが、少なくとも育毛を促進させる成分であることは間違いないでしょう。

ではなぜこのような間違った説が流れているのでしょうか。プロテインの育毛効果とウワサの発端を調査しました。

なぜ「プロテインはハゲる」というウワサが流れたのか

ウワサの発端は筋肉増強剤との勘違い?

ではなぜプロテインを飲むとハゲるというデタラメが広がったのでしょうか。

その原因は「筋肉増強剤(アナボリックステロイド)」でしょう。この筋肉増強剤には、筋肉を付けやすくするだけでなく、薄毛を進行させる要因となるホルモンが含まれています。

しかし、筋肉増強剤とプロテインは全く別もの。「プロテイン=筋肉ムキムキ」というイメージから、筋肉増強剤との情報が混ざり、「プロテイン=ハゲる」というウワサになってしまったのではないでしょうか。

アレルギーによる頭皮の肌荒れ

プロテインも粉末になる前は食品だったので、アレルギー反応が出てしまう方もいます。アレルギーは肌荒れの原因になり、それは頭皮に表れないとは言い切れません。当然、頭皮が荒れてしまえば抜け毛の原因になります。

さらに、大量のプロテインを一度に摂取することで、分解する役割を持つ肝臓が疲弊し、肌荒れを起こすこともあります。アルコールを飲みすぎて、肌荒れを起こしてしまったなんてことはありませんか。アルコールもまた同じく肝臓で分解されるため、飲みすぎると肝臓が疲弊し肌荒れを引き起こすことがあるのです。

プロテイン自体に薄毛を促進する要因はありませんが、時として、このような遠因になることは考えられなくもないでしょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

薄毛対策にプロテインを摂るのもいいかもしれませんね。

ちなみにプロテインは、原料によって動物性の「ホエイプロテイン」と植物性の「ソイプロテイン」に分かれています。どちらも大差はないと思いますが、私なりに考察したところソイプロテインがおすすめです。

ホエイプロテインは、肉や牛乳など文字通り動物的な原料から抽出されたもの。こちらは筋肉をつけたいときに飲むのがおすすめでしょう。ホエイプロテインには脂肪がつきやいというデメリットがあります。がっつり運動をしている方が飲む分には問題ありません。むしろ筋力アップの効果はソイプロテインよりも高いです。

しかし、あまり運動をしない方がホエイプロテインを飲むと、筋肉ではなく脂肪にかわってしまいます。脂肪がつけば肥満に近づき、肥満に近づけば薄毛の原因である皮脂が増える…よって、薄毛の遠因になることも考えられるのです。

対してソイプロテインは、大豆食品と同様に低カロリー高タンパク。女性のダイエットにも、ソイプロテインの方がおすすめですね。筋力アップ効果はホエイに劣りますが、体をつくる原料にするならリスクの少ないソイプロテインが良いでしょう。

ただし、タンパク質だけでは髪はつくれないので、バランス良く髪に良い栄養を摂りましょうね。

関連ページ