薄毛と筋トレの関係

筋トレをするとハゲになると言われる根拠は?ヒントは男性ホルモンにあるようです。

AGAお役立ちニュース

筋トレをし過ぎるとハゲるってホント?

「筋トレをするとハゲる」というウワサを聞いたことはありますか。筋肉がムキムキの人=ハゲというイメージはありませんが、どうもこのウワサ、ただのデマではないようです。気になる真偽や出所を調査しました。

薄毛にまつわるウワサ「筋トレをするとハゲる」その真相は?

img_015

ウワサの発端は男性ホルモン

筋肉は男性の特徴のひとつです。その筋肉を鍛えるということは、男性としての特徴を鍛えるということ。男性は、本来生物的に持つ特徴を伸ばすことによって、男性ホルモンの分泌が促されます。

そしてその男性ホルモンは時にハゲの原因になります。そのため、「筋トレをするとハゲる」という方程式が成り立ったのでしょう。

筋トレがハゲを誘発することはある

しかし正確に言えば、この方程式は間違っています。薄毛の原因は、男性ホルモンが「DHT」という物質に変化してしまうこと。このDHTが多くなると、いわゆる「AGA」という男性型脱毛症、すなわちハゲを発症します。

男性ホルモンの量には生まれつきの個人差がありますが、男性ホルモンが多く分泌されるタイプの人=DHTの量が多いとは限りません。このDHTに男性ホルモンが変化するかどうかにも、個人差があるのです。

筋トレをすれば男性ホルモンの分泌が多くなるのは確かですが、筋トレには男性ホルモンをDHTへ変換する働きはありません。つまり、AGA体質の人が筋トレを行なうと、ハゲやすくなるということでしょう。

また筋トレをすれば、当然筋肉の量が増えます。筋肉はタンパク質から合成されるもの。しかしタンパク質は髪の毛の原料でもあります。

このことから、十分なタンパク質を摂らずに筋トレをすると、髪の毛の成長に必要なタンパク質までもが筋肉の合成に持って行かれて、その結果、髪が育たず薄毛を誘発するというケースも考えられるでしょう。

いずれにせよ「筋トレをするとハゲる」というウワサの真相は、「筋トレをすることにより、ハゲルこともある」というのが正しい結論だと考えられます。

筋トレでハゲないためにやるべきこと

気を付けたい2つのポイント

筋トレをする際に注意すべきなのは、まず自分がAGA体質かどうかを知ること。そして筋トレ期間中は、普段よりも余分にタンパク質を摂ること。この2つが大事です。

AGA体質だった場合(遺伝的に薄毛になりやすい家系である場合)は、筋トレが遠因の1つになりハゲを発症する可能性もあります。ただし、筋トレをしなくてもハゲになる可能性は十分にあるので、AGA体質だから筋トレはしない方がいいというわけではないでしょう。

薄毛専門のAGAクリニックに相談し、適切な処置をしてもらったうえで、筋トレをすれば大した問題ではありません。

そしてタンパク質を多く摂ることは、薄毛予防だけでなく、筋肉の修復にも必要なことです。自分の運動量に適切な分のタンパク質を摂取するようにしましょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

「筋トレでハゲる」というウワサを鵜呑みにするのは、もったいないですね。むしろ体を鍛え筋肉を付けることは、基礎代謝を上げ血行を促進することに繋がりますし、肥満対策にもなるので、育毛促進効果につながることが多いのです。それに、筋力のある男性はモテるというウワサもお聞きしますしね。

ただし、やはりAGA体質の方は注意が必要でしょう。せっかく筋トレに励み、男らしい体をつくれたとしても、髪が薄くなってしまったら切ない結果が待っているかもしれませんから…。

それからもう1つ。高タンパクな食事を目指すと、どうしても高カロリーになりがちです。余分な肉を付けたくない場合は、「プロテイン」を飲む方が効率的でしょう。

食品から摂る場合は肉や卵だけでなく「高タンパク低カロリー」な、納豆や豆腐、青魚などを中心に食べると良いです。これらの食事は、薄毛対策だけでなく健康にも良い効果が期待できるのでおすすめですよ。

体も髪も「イイ男」を目指して、日々励んでいきましょう。

関連ページ