薄毛を招く食べ物まとめ

ハゲを気にするなら控えた方が良い食べ物を紹介。バランスの良い食事を目指しましょう。

AGAお役立ちニュース

人気のあの食べ物がハゲを悪化させるらしい

薄毛の原因になる食べ物を調査しました。どれも人気の食べ物なので、覚悟して読みましょう。

ハゲの原因になる食べ物とは?

img_014

あの人気の食品がハゲを誘発する

薄毛の原因には様々なことが考えられますが、その中の1つに食生活があります。

育毛を促進する栄養素言えば、タンパク質や亜鉛、ビタミンなど。青魚や大豆、ゴマなどが挙げられますね。しかし、逆に育毛を妨げてしまう食べ物もあるのです。

そこで今回は「気になる!ハゲを悪化させる食べ物4選」と題して、薄毛や抜け毛の原因となる食べ物を4つご紹介します。

しかし先に言っておきたいのが、この4つは多くの人の大好物であろうものばかりだということ。好きな物を選ぶか、それともハゲを選ぶか。それはすべてあなた次第です。

気になるハゲを悪化させる食べ物4選

■ラーメン

「ハゲの原因になる代表的な食べ物」とまでは言いませんが、薄毛を促進する要素がふんだんに盛り込まれています。

ラーメンはとにかく「脂」が多いです。スープだけではなく、麺にも多量の脂が使われています。大量の脂を摂取してしまうと、薄毛の原因となる皮脂の分泌量が増えるだけでなく、血行も悪循環に。

脂だけでなく「塩分」も多いです。とくに、スープまで飲み干す派の人は要注意。塩分の過剰摂取は、薄毛の原因だけでなく万病のもと。せめてスープは残しましょう。

そして何より栄養が偏りすぎです。毎日食事を摂っていても、カップラーメンばかり食べている人は、精密検査をすると「栄養失調」と診断されることもあります。髪の成長には様々な栄養素が必要です。栄養失調に近い状態では、髪が抜け落ちても仕方がないでしょう。

■アルコール

「酒を選ぶかハゲを選ぶか」と問われたら、多くの男性が悩んでしまうでしょう。究極の選択ですよね。

アルコールも適度であれば、むしろ血行促進作用からハゲを予防する効果があります。ただし、毎日浴びるように酒を飲んでいる人は、ハゲ予備軍と言ってもよいでしょう。肝臓に負担がかかることで、髪の原料であるタンパク質の合成が妨げられてしまうからです。何事もほどほどがベスト、ということでしょう。

■スナック菓子

スナック菓子には、油で揚げているものが多くあります。また味の割に塩分も多め。油も塩分も、ラーメンと同様に頭皮に悪影響です。

また多くのスナック菓子に食品添加物が含まれていますよね。実はこれ、薄毛を促進させる可能性があると昨今話題になっているもの。排泄機能の妨げになることで、薄毛を促進する可能性があるそうです。どちらにしても、決して体にも髪にも良い物とは言えないでしょう。

■ケーキ

ケーキ以外にも甘い物は、薄毛やヘアトラブルの原因になります。

糖分を過剰摂取することで、髪に必要なビタミンBが糖を分解するのに消費されてしまうのです。加えて皮脂の分泌も増え、代謝も低下して血行が悪くなることで、抜け毛やフケの原因に。

エネルギーを補充するのに糖分は欠かせませんが、やはり過剰に摂取するのは髪だけでなく体にも悪影響でしょう。

毛根三銃士ミーノからのコメント

なんだって!どれも美味い物ばかりじゃないか…。この記事を読んでいる人の中にも、4つの中に大好物があるヤツは多いんじゃないのか?まったく悲しいぜ。

どうやら薄毛の原因になる食べ物は、肥満になりやすい食べ物と類似しているようだな。つまり標準体型をキープすることが、薄毛対策にも繋がるだろう。

ただし気を付けてほしいのが、栄養の偏りだ。いくら痩せているからと言っても、栄養が偏ってしまっていたら禿げちまう。髪だって人体の一部だから、栄養素がないと成長できないんだ!

過度なダイエットが原因で一時的な栄養失調が起き、髪がボロボロに…なんてケースはごまんとある。女性陣に多い例だな。栄養バランスの良い食事をとることが身体にも頭皮にも良いということだろう。

しかし、大好物を我慢するのは辛いよな。分かるぜ、その気持ち。それに我慢することがストレスになっちまったら元も子もない。量とバランスを考えれば問題ないだろうから、大好物を断食するなんて無茶はやめろよ。

関連ページ