朝シャンがはげる原因に

はげる原因の一つとして指摘されているのが朝シャン。ここでは、なぜ朝シャンではげるのか詳しく解説します。

AGAお役立ちニュース

朝シャンではげると言われる理由とは?

一日の始まりとして爽快感のある朝シャンですが、残念ながら朝シャンは、はげる原因の一つと言われています。ここでは、朝シャンが原因ではげてしまう理由について詳しく解説します。

朝シャンではげてしまう5つの理由

はげる原因の一つとされる朝シャン。朝シャンの何が理由ではげてしまうのでしょうか? 5つの理由をまとめました。

夜シャン+朝シャンで皮脂を余分に落し過ぎる

夜に髪を洗わないで寝てしまうと、睡眠中、頭皮の皮脂をエサにしたダニや細菌が多く繁殖します。その結果、頭皮環境が悪化して、抜け毛やフケどを招きます。

夜、髪を洗ってから寝た日と、髪を洗わないで寝た日とを比べてみると、後者のほうが、朝の枕に残っている髪の毛の数が多いことに気づくでしょう。

紫外線の刺激を受けやすくなる

朝シャンで頭皮の皮脂をしっかり洗い流してしまうと、頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線は薄毛を招く大きな要因。頭皮を紫外線から守るためには、頭皮に一定量の皮脂を残して膜を作っておく必要があります。

毛穴にシャンプーが残ってしまう

睡眠中、頭皮は常に汗をかいています。汗をかくということは、毛穴が開いているとういことです。

目覚めた後も、しばらくの間は毛穴が開いている状態。この状態の中で朝シャンをすると、シャンプーの化学成分が毛穴に詰まってしまい、長期的には薄毛の原因にもなります。

時間がなくてすすぎが不十分になってしまう

朝は何かと忙しいものです。多くの人は、電車やバスの時刻を気にしながら、いそいそと出勤・通学の準備をしているはず。そんな忙しい朝にシャンプーをするわけですから、人によっては、すすぎ残しが生じてしまう可能性があります。

シャンプーのすすぎ残しは、薄毛の原因の大きな原因の一つ。薄毛予防においては、絶対に避けなければならない要素です。

以上の5つが、朝シャンではげる主な理由です。特に、夜シャン+朝シャンの1日計2回シャンプーをしている人は、薄毛を急速に進行させる可能性があります。夜の1回に改めたほうが良いでしょう。

毛根三銃士フィナスからのコメント

朝シャンで毛穴の皮脂をしっかり落とすことは、薄毛・抜け毛の予防にもなると考えたい人もいるでしょう。残念ながら結論は逆。朝シャンはむしろ、はげる原因になるのです。今まで毎日朝シャンをしていたという輩は、明日からでも良いので習慣を改めましょう。

シャンプーは夜に1回が基本。余分な皮脂を落とし過ぎないよう、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーなどを使って丁寧に洗ってください。

関連ページ