日光・日焼けと薄毛の関係

日光による頭皮の日焼けは、薄毛の原因になることがあります。薄毛と日光との関係についてまとめました。

AGAお役立ちニュース

日光の紫外線と薄毛との関係は?

日光に含まれる紫外線は、薄毛の原因の一つになることが分かっています。日差しの強い日には、肌の日焼け対策と同時に、頭皮や髪の毛の日焼け対策も怠らないようにしましょう。

日光の紫外線が薄毛の原因になることもある

肌は、日焼けをするとダメージを受けます。頭皮ももちろん肌である以上、日焼けしてダメージを受けることがあります。

ダメージを受けた頭皮は、薄毛という症状を引き起こしてしまうこともあるので、抜け毛が気になりだした人は十分に注意しなければなりません。

紫外線によって頭皮がダメージを受ける

紫外線が肌に悪いことは周知の通りですが、頭皮にも悪いことをご存知でしたでしょうか? 頭皮も肌の一部。日焼けしてしまったら、何らかのダメージを受けてしまって当然です。

頭皮が紫外線によってダメージを受けると、具体的には毛乳頭相貌や毛母細胞などが傷つけられます。これらは、髪を生やすときに中心となる組織。ダメージを受けることで、抜け毛は薄毛の原因となってしまいます。

あわせて頭皮のバリア機能も低下し、健全な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

髪の毛自体も弱ってくる

紫外線の影響を受けるのは、頭皮だけではありません。髪の毛そのものも紫外線によってダメージを受けます。

髪の毛が紫外線を浴びるとキューティクルが破壊され、パサパサの状態になってしまいます。水分量が減って潤いがなくなり、切れ毛や枝毛などの原因にもなるでしょう。

頭皮の日焼け止め対策

日焼けしそうなほど日光の紫外線が強い日は、外出しないことがベストです。しかしながら「今日は日差しが強いから外出を控えます」などということでは、社会生活を営むことができません。紫外線が強いと感じられる日は、次のような対策を行ないましょう。

通気性の良い帽子をかぶる

外出するときには、帽子をかぶりましょう。ただし、普通の帽子では頭皮が蒸れてしまい、それ自体が薄毛の原因にもなりかねません。通気性の良い帽子をかぶるようにしてください。

帽子の代わりにタオルやバンダナを巻く方法も、日除けには有効です。

髪用の日焼け止めを使う

仕事柄、どうしても帽子やタオルを利用できない人は、髪用の日焼け止めを使いましょう。ドラッグストアなどに行くと、手軽なスプレータイプの髪用日焼け止めが販売されています。

毛根三銃士フィナスからのコメント

日光による紫外線が薄毛の原因にもなるとは、まったくの盲点だったという人も多いことでしょう。紫外線は細胞の敵。頭皮の中に活性酸素を発生させて健全な髪の毛の生育環境を破壊してしまうので、薄毛を気にする人は絶対に対策を怠ってはいけません。

帽子をかぶる、髪用の日焼け止めを使う等の対策を打てないまま外出してしまった場合は、帰宅後、しっかりと頭皮や髪の毛の保湿ケアを行なってください。洗髪の際にはトリートメントを丁寧に使い、洗髪後は頭皮用のローションを塗るようにしましょう。

関連ページ