睡眠不足とAGAとの密接な関係

睡眠不足はAGAを招く大きな要因の一つ。睡眠不足とAGAとの関係について理解しておきましょう。

AGAお役立ちニュース

あなたのAGAは睡眠不足が原因かも?

AGAを招く原因の一つに、睡眠不足があります。毎日十分に睡眠をとれていない人は、最近抜け毛が多くなっていないか、改めてチェックしてみてください。睡眠不足とAGAとの関係について詳しく説明します。

睡眠不足はAGAの大きな要因の一つ

睡眠不足がAGAを招くメカニズムは以下の3つ。毎日のように睡眠不足の人は、AGA予防のために十分に理解しておきましょう。

成長ホルモンの分泌量が不足する

人の体は、成長ホルモンという物質が分泌されることで維持・修復がなされています。健全な頭皮の維持、および傷んだ頭皮の修復も、成長ホルモンのおかげで実現しています。

成長ホルモンは、22:00~深夜2:00の間で、なおかつ睡眠中に多く分泌される物質。毎日夜更かしをしていると、頭皮が成長ホルモンの働きを十分に享受できず、結果、頭皮環境が乱れてきてAGAを進行することがあります。

頭皮に成長ホルモンが巡って来ない可能性もある

成長ホルモンは、全身に平等に分配されるものではありません。生命維持機能を有する組織から優先的に使われていきます。

しかし髪の毛は生命維持とまったく関係のない部分なので、常に、成長ホルモンによるメンテナンスは後回し。夜更かしによって成長ホルモンの分泌量が少ない場合、ともすると、頭皮にはほとんど成長ホルモンが巡って来ない可能性すらあります。

ストレスと疲労が蓄積する

睡眠不足の日々が続くと、心身にはストレスと疲労が蓄積してきます。ストレスと疲労は、全身の血行を悪化させる代表選手。もちろん頭皮も血行不良となります。

髪の健全な成長のためには、頭皮に十分な酸素と栄養素が運ばれなければなりません。酸素と栄養素を運ぶのは、他でもない、血液です。ストレスや疲労の蓄積で結構不良に陥ると、頭皮が酸素不足・栄養不足を起こし、AGAがの進行を早めます。

良質の睡眠をとることが大事

成長ホルモンの分泌を促したり、全身の血行を改善させたりするには、睡眠時間もさることながら、睡眠の質を上げることが大事。以下の3点が睡眠の質を上げるポイントです。

できれば22:00までに就寝する

成長ホルモンが多く分泌されている時間帯、22:00~深夜2:00の間は、できれば寝ていたいところです。仕事などで早寝が難しい人でも、なるべく早めの時間に就寝するようにしましょう。

夕食は寝る2時間前までに済ます

就寝直前に夕食をとると、血液が胃腸に集まってしまい、脳や体が十分に休まりません。つまり、睡眠の質が悪くなってしまいます。

成長ホルモンを十分に分泌させるには、良質の睡眠が必要。夕食で食べたものがほぼ消化されてから眠ると、質の良い睡眠が得られます。就寝の2時間前には、夕食を済ませるようにしましょう。

就寝直前にスマホやパソコンを見ない

スマホやパソコンのディスプレイから発せられるブルーライトは、自律神経を興奮させ、睡眠の質を下げると言われています。毎日スマホを布団の中で操作しながら眠ってしまう人は、習慣を改めましょう。

毛根三銃士ミーノからのコメント

ハッキリ言って、この現代社会において22:00に寝られる男子諸君なんて、ほとんどいないだろう。世の中はそんなに甘くはないからな。

だが諦めるな。たくさん寝るという発想を捨てて、質の良い睡眠をとるという発想に切り替えるんだ。そうすれば、成長ホルモンも十分に分泌されるし、疲れもストレスもたまらないで済む。寝る直前の夕食はもちろんダメだか、寝る直前のカフェインや深酒も良くないぞ。気を付けろ。

関連ページ