プロペシアのジェネリック医薬品サワイ

AGA治療薬の代表薬であるプロペシア。そのジェネリック医薬品であるサワイはどのような医薬品なのでしょうか?AGA治療薬サワイの効果や副作用、使用方法についてまとめました。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

サワイ

サワイとは?

プロペシアと同等の効果をもつAGA治療薬

サワイとは、日本の「沢井製薬」から発売されているプロペシアのジェネリック。2016年2月18日に厚生労働省から製造販売の承認を受け、2016年3月16日から全国の医療機関で処方が始まったAGA治療薬です。「沢井製薬」は、ジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとしても知られる大手製薬会社なので、AGA治療薬サワイの信頼性は非常に高いものと言えるでしょう。

配合されているAGAへの有効成分はフィナステリド。すでにプロペシアの長い実績の中で、AGAの改善効果は十分に確認されている成分です。

なお世界中で多くのプロペシアジェネリックが発売されていますが、ジェネリックの代名詞「沢井製薬」だけあり、配合成分はもちろん、添加物の種類までプロペシアとサワイはほぼ同じです。

サワイの効果と使用方法

AGAへのサワイの効果

プロペシアと同様のAGA改善効果があると考えて差し支えありません。有効成分の種類(フィナステリド)も、その配合量もまったく同じなので、プロペシアの過去の実績に照らしてみれば、サワイも長期服用によるAGA改善効果は非常に高いと判断できるでしょう。

なお効果を実感するまでの期間としては、早い人で服用から3ヶ月程度、多くの人は服用から6ヶ月程度となっています。中には6ヶ月を過ぎても何ら改善効果を実感できない人もいますが、さらに服用期間を1年、2年と延ばしていくにつれ、多くの人が頭髪に何らかの変化を確認できると言われています(薄毛の進行ストップも含め)。

サワイの使用方法

1日1錠を服用します。服用するタイミングには特に指示がないので、食後でも食前でも食間でも、いつでも構いません。飲み忘れだけには注意しましょう。

ただし1日1錠の服用とは言え、なるべくならば24時間の間隔を空けて飲むようにしてください。今夜1錠飲んで明朝1錠飲む、といった具合に飲む間隔を狭くしてしまうと、副作用が強く発現する可能性があるからです。毎日夕食後など、特定のタイミングで飲む習慣にしていきましょう。

サワイの副作用について

サワイはプロペシアのジェネリックなので、効果はもちろん、副作用も同じです。有効成分フィナステリドが持つ副作用をサワイも持っている、ということです。

フィナステリドの副作用には、他の様々な医薬品と同じく眠気や頭痛、下痢、腹痛などがあります。またフィナステリド特有の副作用として、勃起不全や性欲減退、射精障害、精液量減少など、男性機能全般の低下が見られることがあります。ただしこれらの副作用は、用法・用量を厳守する限り重篤化することはありませんので、安心してください。

なおフィナステリド服用の際の重要な注意事項として、肝機能障害の悪化が挙げられています。発症頻度は極めて低いものの、万が一発症した場合には症状が重くなる場合があるとのことなので、肝機能に持病を持つ人は服用に際して医師に相談するようにしてください。

プロペシアとの違いはあるの?

プロペシアとサワイは、ほぼ同じ薬と考えてください。サワイ以外にもプロペシアのジェネリックは多く存在しますが、それらの中でも特にサワイはプロペシアに近い薬と言えます。

有効成分フィナステリドの配合量が同一であるだけではなく、プロペシアの製造に使用されている13種類の添加物のうち、実に12種類が同一です。加えて、錠剤の大きさ、色、形までほぼ同じなので、これまでプロペシアを服用してきた人でも違和感なくサワイに乗り換えすることができるでしょう。

【まとめ】コストパフォーマンスの良いジェネリック

厚生労働省が認可しているプロペシアのジェネリックには、サワイの他にファイザーがあります。どちらも信頼のある製薬会社が発売している薬で、なおかつプロペシアよりも値段が安いため、今までプロペシアを飲んできた人は乗り換えを検討してみても良いでしょう。

なお、ファイザーはプロペシアよりも遥かに安い値段で販売されていますが、サワイはそのファイザーよりもさらに安い値段で販売されています。コストパフォーマンスとしては、間違いなくサワイに軍配が上がる、といったところでしょう。興味のある方は医師に相談してみてください。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)