ロゲイン(ミノキシジル外用薬)の発毛効果とは?

有名な医薬品の育毛剤に使用されているロゲイン。気になる効果や副作用は?使用時の注意点についても解説します。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
育毛剤、治療薬の紹介

ロゲイン

ロゲインの特徴

ドラッグストアでも入手可能な、広く支持されるAGA治療薬

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、1960年代にアメリカのファイザー社(旧社名:アップジョン社)によって高血圧患者向けの経口薬として開発されました。

後に髪の毛を発毛し、脱毛症治療の効果が発見され、1980年代に「ロゲイン(Rogaine)」という製品名で販売を開始。日本では1999年に大正製薬から「リアップ」という商品名で販売開始され、2005年には女性向けの「リアップレディ」も販売され、AGA治療薬として広く使用されています。

なお、海外では経口薬もありますが、日本では外用薬のみ認可されている医薬品です。

ロゲインの効果

血行促進と血管新生効果

ロゲインを患部に塗布することにより、血管を拡張して血行促進し、頭皮の毛母細胞や毛乳頭へ栄養分を届けやすい頭皮環境を作ります。

また、AGAになると頭皮は血行不良に陥り、毛乳頭に栄養が届きにくくなってしまいますが、ロゲインの有効成分であるミノキシジルには毛乳頭で生産される「VEGF(血管内皮増殖因子)」にはたらきかけて血管を新生するという効果もあるため、頭皮の血行不良の改善と発毛効果を実感できる治療薬です。

なお、ミノキシジル配合の治療薬には「ミノキシジル○%配合」と記載されて販売されており、製品によって濃度が異なります。

ロゲインの副作用と注意点

ロゲインの副作用

副作用の発生率はミノキシジル配合量により異なる

元々は高血圧の治療薬として開発されたという経緯があるため、血管を拡張する効果によって血圧が低下するという副作用があります。

それ以外の副作用としては頭皮のかゆみが最も多く、他にも皮膚の炎症、湿疹、ニキビの発生、頭痛、手足の痺れやむくみ、胸の痛み、動悸や不整脈といった症状も報告された例もあります。

ミノキシジル配合量が1%の場合、副作用の発生率は1%~2%程度と言われていますが、ミノキシジル配合量によって副作用の発生率は異なるため、使用中に身体に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止して医師に相談してください。

使用上の注意点

注意点1:低血圧・高血圧治療中の方や、心肺機能に疾患がある方の場合

ミノキシジルには血管の拡張効果があるため、多量のロゲインの使用は低血圧を招き、動悸が激しくなったり、心拍数が上昇したりします。心臓や循環器系の臓器が弱い方や、低血圧の方、高血圧の治療中で血圧降下剤を使用している方は、使用を控える様にしてください。

注意点2:未成年の場合

ロゲインは成人向けに開発された医薬品であるため、子供や未成年者への影響については臨床データがなく、安全性が確認されておりません。身体的な成長期にあたる未成年が、血管拡張効果のあるロゲインを使用することによって、将来的にどのような副作用が発生するか不明ですので、未成年者のロゲイン使用は控えましょう。

注意点3:妊娠中、授乳中の女性の場合

ロゲインは女性でも使用できる医薬品ですが、妊娠中や授乳中の女性の場合は絶対に使用しないでください。妊娠中の場合、ロゲインを使用することによる胎児への影響度が高いというデータはありませんが、ロゲインは成人向けの医薬品であり、胎児への安全性が確認されている訳でもありません。また、ミノキシジルの成分が母乳に移行することが判明しているため、ミノキシジル濃度の高低を問わず、授乳中も使用しないようにしてください。

注意点4:内服薬を個人輸入する場合

ロゲインは海外では内服薬が販売されていますが、日本国内では外用薬としてのみ認可、販売されています。内服用であるミノキシジルタブレットは、AGA専門治療院などで医師の処方によって入手するか、海外からの個人輸入で入手するかのいずれかの方法により入手可能です。

医師の診断の上で処方されたものであれば問題ありませんが、個人輸入の場合だと、ミノキシジル配合量が適した量か、あなたのAGA治療にとって本当にミノキシジルタブレットが必要かどうか判断できないため、大きなリスクを伴います。どうしても内服用のミノキシジルを使用してみたい場合は、AGA専門治療院で医師に相談するようにしてください。

【まとめ】最もポピュラーで優れたAGA治療薬。配合量には気を付けるように

ロゲインはドラッグストアで手軽に入手できる、最もポピュラーなAGA治療薬だ。頭皮の血行を促進するだけでなく、毛乳頭の細胞成長因子にはたらきかけて血管を新しく作り、頭皮の血行を健全な状態にしてくれるという優れた医薬品なんだ。

ただ、気を付けなければいけないのは、ミノキシジルの配合量だ。確かに配合量が高ければ高い程、その効果は期待できるのだが、その配合量が使用者の身体に適した分量かはわからないし、配合量が高い程、副作用が発生する可能性も高くなる。日本で一般的に市販されているミノキシジルの最大配合量は5%程度なので安全だが、もし使用中に身体に違和感を覚えた場合は、すぐに使用を中止して医師に相談するようにしてくれよ。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)