プロペシアのジェネリック医薬品ファイザー

プロペシアの正規販売ジェネリック医薬品として注目されるAGA治療薬ファイザー。ここでは、ファイザーの効果や副作用、使用方法についてまとめています。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

ファイザー

ファイザーとは?

プロペシアのジェネリック医薬品

ファイザーとは、プロペシアと同じ有効成分フィナステリドを配合したAGA治療薬。プロペシアのジェネリック(後発品)として、世界的に著名な製薬会社「ファイザー」から発売されています。

フィナステリドの配合量は、0.2mgと1.0mgの2種類。先発品であるプロペシアと全く同じです。ついでながらパッケージもよく似ていることから、これまで長くプロペシアを服用してきた方々にとっては、違和感なく受け入れられるジェネリックと思われます。

プロペシアとの大きな違いは、やはりジェネリックである以上は値段です。プロペシア約1ヶ月分(28錠)の相場は、おおむね7,000~9,000円程度ですが、ファイザー約1ヶ月分(28錠)の相場は、4,500~6,000円程度。プロペシアよりも遥かにリーズナブルな価格でAGA治療を進めていくことができます。

ファイザーの効果と使用方法

AGAへのファイザーの効果

主要成分がフィナステリドなので、AGAの改善効果はプロペシアと同じと考えて差し支えありません。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が働きかけて、薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が生まれることによって発症します。

フィナステリドには5αリダクターゼの一部の働きを抑制する効果があるため、ファイザーを長期的に服用することによって、多くの患者はAGAの改善効果、または現状維持効果(薄毛の進行がストップ)を実感できることでしょう。

ファイザーの使用方法

1日1回1錠を服用します。飲むタイミングは食後でも食前でも食間でも、いつでも構いません。飲み忘れないようにだけ気をつけましょう。なるべくであれば、毎日24時間間隔で服用することをおすすめします。夕食後など、毎日の服用のタイミングを決めてしまいましょう。

なお飲み忘れたからと言って、1日に2錠をまとめて飲むことはしないようにしてください。副作用が強く出る恐れがあるからです。

ファイザーの副作用について

プロペシアのジェネリックなので、効果はもちろん、副作用もプロペシアとまったく同じと考えてください。

主な副作用としては、性欲減退、勃起不全、眠気、腹痛、下痢などです。他にも様々な副作用が指摘されていますが、正しい服用方法を守っている限り、いずれの副作用も重篤化することはありません。

ただし肝臓に機能障害を持つ人については、肝臓への副作用が強く出る恐れがあります。よってファイザーの服用に際しては、事前に医師に服用の可否を相談するようにしてください。

製造メーカー「ファイザー」はどんな会社?

ファイザーは、アメリカ・ニューヨークに本社を置く世界最大規模の製薬会社。数ある世界中の製薬会社の中でも、特に信頼の高い会社と言っても良いでしょう。日本法人もあり、過去にはCMも多く放映していたことから、その名を知らない人はほとんどいないかも知れません。

過去、ファイザーは様々な薬効を持つ薬の開発・販売を行なってきました。医療従事者の中では、ファイザーは抗生物質や抗うつ剤、抗がん剤などの開発・販売で知られていますが、私たち一般の間では、ファイザー発の勃起不全薬「バイアグラ」が有名でしょう。

信頼の高い製薬会社からリリースされたAGA治療薬なので、安心して服用することができます。

【まとめ】医療機関から入手する限りお勧めの薬だ

ファイザーはプロペシアのジェネリック。しかも信頼あるファイザー社が発売しているものだから、俺個人としてはとてもお勧めの薬だ。

すでに厚生労働省からの販売認可も出ているので、医療機関を通じて入手する限り、何ら怪しい薬ではない。今までプロペシアを飲んできて何らかの効果を実感している輩は、少しでも治療費を節約するために、ファイザーに替えても良いかも知れないな。

ちなみにプロペシアのジェネリックの中には、ファイザーよりも安いものがいくつかある。ただし、それらのほとんどは厚労省の認可もなく、個人輸入で入手する薬。個人輸入市場に流通しているAGA治療薬には偽薬が多いから、くれぐれも手を出さないようにしたほうがいいぞ。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)