女性のAGA(FAGA)治療薬

女性向けの薄毛治療薬パントスチン。ここでは、女性の薄毛(FAGA)の治療薬としてドイツの製薬会社「メルツ社」が製造しているパントスチンの効果や副作用、使用方法についてまとめています。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

パントスチン

パントスチンとは?

女性の薄毛治療薬パントスチン

パントスチンとは、男性にも女性にも効果があるとされる薄毛治療薬。1日1回、頭皮に塗布することによって薄毛改善を狙う薬です。

男女ともに効果があるとは言え、一般には女性に向けた薄毛治療薬として有名。主に、更年期における女性ホルモンのバランスの変化が原因で発症した薄毛(FAGA)に対し、内服薬パントガールと合わせて外用薬パントスチンが処方されることが多いようです。

パントスチンの製造メーカーは、ドイツの著名な製薬会社「メルツ社」。世界的にも知られている、信頼ある会社です。

パントスチンの効果と使用方法

AGAへのパントスチンの効果

パントスチンは、主に女性の薄毛(FAGA)に使われている外用薬ですが、軽症の場合に限り、男性の薄毛(AGA)にも効果があるとされています。

FAGAもAGAも、薄毛に進行する原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが関係しています。DHTとは、もともと男性ホルモンのテストステロンが変化した物質(※)。5αリダクターゼという酵素の働きによって、テストステロンがDHTに変化し、薄毛を招きます。

パントスチンは、この5αリダクターゼの働きを抑える薬。配合されている有効成分アルファトラジオールによって、5αリダクターゼの活動を抑え込み、テストステロンがDHTに変化しないよう働きかけます。メカニズムとしては、AGAの治療薬であるプロペシアと同じ。女性だけではなく男性にも効果がある薄毛治療薬とされている理由は、そのためです。

ただし、プロペシアに比べると、パントスチンの効果は弱いことも事実。そのため、医療現場における適用の対象は、軽症の薄毛です。具体的には、女性の薄毛(FAGA)や、男性の軽症の薄毛(AGA)が適用の対象となっています。

なおパントスチンの効果は、早い人だと、使用から1ヶ月程度で現れると言われています。半年程度、毎日使ってもまったく効果を実感できない場合には、医師に相談したほうが良いでしょう。薬が合っていない可能性があるからです。

パントスチンの使用方法

パントスチンは、1日1回、頭皮に塗布する形で使用します。具体的な使用方法は次の通りです。

  1. ボトルの先端(薬液の出口)についているキャップを外す
  2. ボトルの先端(薬液の出口)にアプリケーターを装着する
  3. 平面にボトルを立てた状態でボトルの腹を押し、アプロケーター内に薬液を浮上させる
  4. 薬液が3mlの位置まで浮上したことを確認する
  5. ボトルを逆さまにして、アプリケーターの先端から薬液を頭皮全体に均等に塗る
  6. ボトルを置き、両手の指を使って頭皮に刷り込むようにマッサージする

1日1回の使用で効果を実感することができてきたら、2日に1回、3日に1回など、徐々に薬剤の使用頻度を減らしても構いません。

なお、パントスチンは1日のどのタイミングで使用しても構いませんが、なるべく夜に使用すると良いとされています。

パントスチンの副作用について

パントスチンの使用によって、以下のような副作用が見られる場合があります。

  • 頭皮の炎症
  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ

これらの副作用は、パントスチンに配合されている有効成分アルファトラジオールによるものではありません。薬剤の製造に必要な、アルコールによる副作用です。 仮にこれら副作用が見られたとしても、軽症で済む場合がほとんどです。

なお、パントスチンを男性が使用した場合、プロペシアなどに見られるような「男性機能」への副作用はないとされています。

こんな人は使用を控えた方がいいかも

次に該当する方は、パントスチンの使用を控えてください。

  • 18歳未満の人
  • 妊娠中・授乳中の女性

18歳未満の人については、臨床検査における安全性がまだ確認されていません。年齢的に、まだ体が発育過程にあるため、健全な成長に支障をきたさないようパントスチンの使用が禁止されています。

妊娠中・授乳中の女性についても、パントスチンの使用を控えるよう推奨されています。有効成分アルファトラジオールが、胎児や乳児の体に吸収されてしまい、胎児や乳児に、何らかの健康被害が生じる恐れがあるからです。

妊娠の可能性がある女性(心当たりがある女性)も、使用を控えるか、もしくは使用する前に医師に相談しましょう。

念のため、皮膚がアルコールに反応しやすい人も、使用を控えておいたほうが良いでしょう。

【まとめ】お医者さんから処方してもらってね

パントスチンの概要は分かったかしら? 改めてポイントをまとめてみるわ。

  • パントスチンは男女兼用の薄毛治療薬
  • 主に女性の薄毛(FAGA)に使用されている
  • 1日1回、頭皮に塗るだけ
  • 早い人なら1ヶ月で効果を実感
  • 頭皮に軽い副作用が起こることがある
  • 18歳未満の人、妊娠・授乳中の人は使用を避ける

パントスチンのポイントは、こんなところね。

ところで、パントスチンを入手するルートには2つあるわ。お医者さんから処方してもらうルートか、または個人輸入を通じて手に入れるルートね。

お医者さんから処方してもらうよりも、個人輸入のほうが値段が圧倒的に安いことは確か。ただし、個人輸入でパントスチンを入手する場合には注意が必要よ。偽物の薬をつかまされたり、変な副作用が出たりする恐れがあるからね。

個人輸入でどんなトラブルに巻き込まれたとしても、国は救ってくれないわ。トラブルはすべて自己責任で解決しなければならない。悪いことは言わないから、パントスチンを購入するときは、お医者さんを通じて処方してもらったほうがいいわよ。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)