AGA治療薬パントガールはどんな薬?

AGA治療薬のひとつであるパントガールの特徴や効果、注意点などを紹介します。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

パントガール

パントガールとは?

女性用の飲む育毛剤

パントガールは女性の薄毛や抜け毛を改善して、発毛をサポートする飲み薬であり、世界で初めて効果と安全性が認められた医薬品です。これまで男性用の内服薬はありましたが、女性用はありませんでした。しかしパントガールにより、女性の薄毛治療の幅が広がったのです。

男性と女性では薄毛や抜け毛の原因は異なります。そのため有効な成分も異なり、女性が男性用の治療薬を使用することはできません。しかしパントガールは、女性の薄毛の改善に効果的とされるアミノ酸やタンパク質、ビタミンB群などを含んでいるため、女性特有の薄毛にも効果が期待できるのです。

パントガールの効果と使用方法

AGAへのパントガールの効果

効果は臨床試験で実証済み

女性の薄毛の原因は、頭皮環境が悪化し頭皮のターンオーバーが正常ではなくなることや、ホルモンバランスの乱れにより、栄養や酸素を毛乳頭に行き届かせることができなくなることです。

パントガールは、ターンオーバーを正常にし、毛乳頭への栄養をしっかり送ることで、薄毛改善効果が期待できます。またパントガールには発毛に重要なケラチンを配合しているほか、アミノ酸のひとつであるL- システインが髪の健康をサポートします。

また、髪のエイジングケアを助けるパラアミノ酸も含まれているため、細胞分裂を促してくれるのです。

パントガールの使用方法

最低3ヵ月は服用が必要

1日3カプセルを朝・昼・夕食後、それぞれ1カプセルずつ服用します。臨床試験において最も効果が証明されたのが1日3カプセルであり、それ以上服用しても効果は期待できないでしょう。用量は守って服用することが大切です。

また、効果を得るには継続した服用が必要になります。数回飲んだだけでは効果が期待できません。最低でも3~6ヵ月程度服用し続けるようにしましょう。ヘアサイクルを考慮しても、3ヵ月は服用しないと効果はわからないもの。目に見えなくても頭皮内では環境が変わっている可能性があるため、継続して服用してみてください。

パントガールの副作用について

副作用はほとんどなし

パントガールは副作用がほとんどないと言われている治療薬です。ただし、他のサプリメントや薬との相互作用は確認されていないということもあります。そのため危険性が低いとはいえ、副作用が絶対に出ないとは限りません。また妊婦さんや12歳以下の子どもを対象にした臨床試験は行われておらず、妊娠中の方や子どもは使用を控えることが望ましいです。

妊婦さんや授乳中の女性の方が服用した場合、赤ちゃんに影響が出てしまうリスクもあります。乳幼児のことを考えても摂取は避けるべきです。また薬をアルコールで飲んだり、一度に3カプセルを服用したりすれば、体に悪影響が出ないと言い切れません。用量や使用方法を守り、正しく使うことが大事です。

通販の偽物やコピー品には注意を

購入は専門店や病院がおすすめ

女性の薄毛や抜け毛対策に効果があると言われているパントガールは人気があります。そのため、偽物やコピー品も多いです。偽物は安全だという保証もなく、効果も期待できません。さらに体に悪影響がある可能性も否定できないもの。そのため、パントガールは本物を選択し服用することが大切です。

現在ではネット通販が手軽で、よく利用されています。しかし、ネット通販では非正規品が販売されていることもあるでしょう。パントガールの正規品は、専門店や病院で処方してもらうのがおすすめです。病院で診察を受けることで、自分の髪の毛の状態に合った対策も教えてくれるでしょう。

【まとめ】効果を出すには正しい使用方法での服用が大事

女性の薄毛や抜け毛対策は、これまで外用薬しかなかったわ。それがようやく女性でも服用できる内服薬が出たの。しかも効果が高いことが実証されているなんてうれしい限り。薄毛で悩む女性は増えているもの。悩んでいると余計に薄毛が進行してしまうから、効果のあるパントガールで早めに対策をすることが大切よ。

ただし、効果を期待して間違った服用をしてしまうと危険。たくさん飲んでも効果が高くなるものではないわ。反対に体を壊してしまうかも。特に出産後で抜け毛が気になるという人は、パントガールの服用に注意が必要。授乳中は赤ちゃんに影響が出ることもあるの。正しい方法で、正しい量を服用するようにしてね。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)