ミノキシジルタブレットはAGAにも有効なのか?

発毛有効成分のミノキシジルを含む医薬品ミノキシジルタブレット。本来は血圧を下げるための薬ですが、ミノキシジルを含んでいるのでAGAにも有効なのでしょうか?ミノキシジルタブレットのAGAへの効果や副作用、使用方法についてまとめました。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジル配合の内服薬

ミノキシジルタブレットとは、発毛有効成分のミノキシジルを配合した内服薬のこと。ミノキシジルは、主に発毛促進のための外用薬(塗り薬)に配合されている成分ですが、これを内服用とした薬が、ミノキシジルタブレットです。

ミノキシジルという成分は、もともと血圧を下げる薬、つまり降圧剤に利用されているもの。かつて血圧の高い患者に降圧剤として処方していたところ、多くの患者の体毛が濃くなるという副作用が発症。この副作用を応用して作られたのが、ミノキシジル外用薬です。

ミノキシジルタブレットの効果と使用方法

AGAへのミノキシジルタブレットの効果

有効成分ミノキシジルは、高い発毛効果を持つとされています。日本皮膚科学会では、AGA治療薬としての評価を最上位のA1にランクしており、医学的にも効果は認められています。

なぜミノキシジルが発毛効果を持つか、という点については、医学的には不明な部分も多いとされます。毛乳頭細胞や毛母細胞が直接刺激を受けるため、と説明されることが多いのですが、詳細は不明なままです。

メカニズムが不明である以上、ミノキシジルタブレットを服用する際には慎重に検討する必要があります。

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジルタブレットは血圧を下げる薬なので、AGA治療薬としての正しい服用方法について、薬の説明書には記載がありません。服用する場合は、一つの目安として、次の順を理解しておいてください。

  1. 最初は2.5mg錠剤を1日1回、夜に服用する
  2. 副作用が少ないようならば、2.5mg錠剤を1日2回、朝と夜に分けて服用する

最大でも、1日に10mgを超えないようにしましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの主な副作用は、以下の通りです。

  • 動悸
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 吐き気
  • むくみ
  • かゆみ・湿疹
  • 多毛化、など

これら副作用の中で、特に注意したいものが動悸です。

ミノキシジルタブレットには血管を拡張させる働きがあるため、ある程度の心臓への負担を避けることができません。心臓に問題のない人でも動悸はよく見られる副作用なので、まして心臓の弱い人、または心臓病を患っている人は、ミノキシジルタブレットを服用をしないようにしましょう。

こんな人は使用に注意が必要です

ミノキシジルタブレットを検討する際、以下に該当する人は注意してください。

  • 心臓病の人
  • 降圧剤を飲んでいる人
  • 低血圧の人
  • 女性
  • 高齢者
  • 未成年

ミノキシジルタブレットは、心臓に一定の負荷を与えます。よって、心臓病を患っている人、心臓に不安のある人は、服用に際して医師に相談するようにしてください。

降圧剤を飲んでいる人や、低血圧の人も、注意が必要です。

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる薬。すでに降圧剤を飲んでいる人、または、すでに低血圧の人は、血圧が下がり過ぎることによる様々なリスクが想定されます。医師に相談のうえ、服用を検討するようにしましょう。

また、女性においてもミノキシジルタブレットの服用に注意が必要。健康上の注意というよりも、美容上の注意です。

ミノキシジルタブレットには、多毛化という副作用があります。頭髪のみならず、全身の体毛が濃くなってしまう恐れがあるので、美容上の観点から女性は服用に注意したほうが良いでしょう。

高齢者や未成年についても、副作用のリスクを回避するため、ミノキシジルタブレットを服用しないようにしてください。

プロペシアやザガーロとの併用は可能だが副作用に注意

ミノキシジルタブレットの他に、有名なAGA内服薬としてプロペシアとザガーロがあります。ミノキシジルタブレットと、これら別のAGA治療薬を併用しても良いのでしょうか?

併用は可能です

  • ミノキシジルタブレット+プロペシア
  • ミノキシジルタブレット+ザガーロ
  • どちらの組み合わせでも、併用することは可能です。

    ミノキシジルタブレットは「新たな発毛を促す薬」、プロペシアやザガーロは「抜け毛を防止する薬」。2つの違う働きを持つAGA治療薬を併用すれば、より強力な発毛・育毛効果を実感することができるでしょう。

副作用のリスクを避けるため、併用する場合には医師に相談を

ミノキシジルタブレットには、様々な副作用のリスクがあります。プロペシアやザガーロにも、また別の副作用のリスクがあります。

それぞれの薬を併用することは可能ですが、併用することで副作用の種類が広がります。さらに、副作用の頻度が多くなったり、副作用の程度が重くなったりする可能性も否定できません。

併用を検討している方は、自己判断、または併用者による口コミなどを根拠にするのではなく、かならず医師に相談のうえ服用するようにしてください。

【まとめ】素人判断で降圧剤を買うことが、俺には信じられない

ミノキシジルタブレットの概要が理解できただろうか? 今一度、ポイントを整理しておこう。

  • 本来は血圧を下げるための薬
  • 発毛のメカニズムは不明だが、確かに多くの人に発毛効果がある
  • AGA治療薬としての正しい服用方法は、ない
  • 1日2.5mg×1回、または2回の服用が適当
  • 心臓に自信のない人が飲んではいけない
  • 他のAGA治療薬と併用できるが、副作用に注意

今一度確認しておいて欲しいのだが、AGA治療薬としてのミノキシジルタブレットは、世の中に存在しない。個人輸入などで流通しているのは、降圧剤としてのミノキシジルタブレットだ。

高血圧で病院にかかったことのある輩なら分かると思うが、医師は、降圧剤の処方に対して非常に慎重になる。医師すら慎重になる降圧剤を、素人が個人輸入で入手するなんて、俺にはとても信じられない。

購入するのは自由だが、せめて医師に相談してから購入することをお勧めする。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)