ロニテンはAGA治療にも有効?

ロゲインなどと同じくミノキシジルを含む医薬品であるロニテン。ミノキシジルが配合されていることからAGAにも有効であると噂されていますが、実際はどうなのでしょうか?ロニテンの効果や副作用についてまとめました。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

ロニテン

ロニテンとは?

本来は血圧の低下に使われる降圧剤

ロニテンとは、有効成分にミノキシジルを配合したAGA治療薬。厳密に言えばAGA治療薬ではなく、血圧を下げる薬、つまり降圧剤ということになります。

降圧剤としてのロニテンには様々な副作用がありますが、顕著な副作用の一つとして「体毛が濃くなる」というものがあります。この副作用をAGA改善目的に転用している人がいる、というのがロニテンを理解するときの正しい見方となります。

なお、ロニテンの発売メーカーはアメリカのファイザー社。日本でも知られている大手製薬会社なので、少なくとも降圧剤としてのロニテンは、十分に信頼できる薬と考えて良いでしょう。

ただしファイザー社は、ロニテンの研究・開発時点において、これをAGA治療薬として使うことを前提としていません。よって、たとえ信頼あるファイザー社の製品であったとしても、AGA治療薬として転用する場合は、その信頼性が保証されないので注意してください。

ロニテンの効果と服用方法

AGAへのロニテンの効果

ロニテンを服用することで、高い発毛効果・育毛効果が期待できます。ロニテンに含まれる有効成分は、ミノキシジル。日本ではAGA治療の外用薬(塗り薬)として販売されていますが、これを「飲んでしまう」わけですから、単純に頭皮に塗ることに比べると、非常に高い発毛効果が期待できると考えて良いでしょう。

ミノキシジルが発毛を促すメカニズムについては、まだ詳しくは解明されていません。多数派の意見としては「ミノキシジルが毛母細胞と毛乳頭細胞を直接活性化させるため」とされていますが、それ以上の詳細な理由については未確認のままです。

効果の理由は不詳であるものの、発毛効果・育毛効果があるという結論だけは明らかになっています。

ロニテンの服用方法

ロニテンはAGA治療薬ではないので、AGA治療薬として飲む場合には、正しい服用方法が存在しません。AGAの改善を目的に服用する場合には、副作用のリスクを避けるために、以下のような飲み方を目安にしてください。

  1. 最初は5.0mg錠剤を1日1回、夜に服用する
  2. 副作用が少ないようならば、5mg錠剤を1日2回、朝と夜に分けて服用する

ロニテンには、ミノキシジルの配合量に応じて、5.0mgと10mgの2種類があります。5mg錠剤を1日1回服用するだけでも、最初は強めの副作用を自覚する可能性があります。無理をせず、体を慣らしながら飲んでいきましょう。

なお、一部ネットでは1日の限度量を100mgとしている情報もありますが、AGA治療を専門に行なっている某クリニックでは、1日の限度量を10mgにするよう推奨しています。

ロニテンの副作用について

ロニテンの主な副作用は、次の通りです。

  • 動悸
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 吐き気
  • むくみ
  • かゆみ・湿疹
  • 多毛化、など

これらの副作用の中で、特に注意すべきは動悸です。健康な人がロニテンを服用しても動悸を発症する例が見られることから、心臓に疾患のある人、または心臓に既往歴のある人は、ロニテンを服用すべきではありません。

おすすめできる人とできない人

ロニテンをおすすめできる人、おすすめできない人を見てみましょう。

ロニテンをおすすめできる人

  • 他の内服薬でAGAの改善効果を得られなかった人
  • 塗るミノキシジルよりも高い発毛効果を得たい人

プロペシアやザガーロなど、他の内服薬でAGAの改善効果が見られなかった人は、それらの薬が体質に合っていない可能性があります。ロニテンであれば、まったく違ったアプローチからAGA改善を図ることができるので、試してみる価値があるでしょう。

また、国内でも承認されている、塗るタイプのミノキシジル(リアップなど)よりも高い発毛効果を得たい人も、飲むタイプのミノキシジルを試してみても良いかも知れません。

ところで内服用ミノキシジルは、日本はおろかアメリカでも「副作用のリスクが高い」という理由で、いまだAGA治療薬として認可されていない成分です。よって、安全性の観点に立った場合、ロニテンをおすすめできる人はいない、ということも前提として理解しておいてください。

ロニテンをおすすめできない人

  • 心臓に不安のある人
  • 降圧剤を服用している人
  • 低血圧の人
  • 女性
  • 高齢者
  • 未成年

すでに説明した通り、心臓疾患を持つ人や心臓に既往歴のある人は、ロニテンを飲むべきではありません。

また、ロニテンは降圧剤なので、すでに別の降圧剤を飲んでいる人は、血圧が下がり過ぎるリスクがあります。もともと低血圧の人も含め、ロニテンを飲む際には医師に相談をすべきでしょう。

なお、女性については、ロニテンの多毛化現象に注意してください。ロニテンは髪の毛に効果をもたらす前に、手の甲、腕、眉毛、こめかみの増毛効果を現します。美容上、受け入れられない場合には、ロニテンを飲まないようにしましょう。

高齢者や未成年においても、安全性の観点からロニテンの服用が禁止されています。

【まとめ】安全性が保証されている薬にしたほうがいいのでは?

ロニテンの概要について、今一度、確認してみよう。

  • ロニテンはAGA治療薬ではなく、降圧剤
  • 発毛効果は期待できるが、副作用などのリスクもある
  • 発毛効果をもたらすメカニズムには、不明な部分もある
  • 服用するときは、1日1回5.0mgから開始する
  • 他の治療薬で効果のなかった人にはおすすめ
  • 心臓に自信のない人や、低血圧の人にはおすすめできない

ミノキシジル内服薬は、海外では降圧剤として認めている例もあるが、AGA治療薬として認めている例はどこにもない。なぜなら、副作用のリスクが高いからだ。世界中の学者が「怖い」「危ない」と言っている薬をわざわざ個人輸入で入手して飲む輩は、無謀なチャレンジャー以外の何物でもない。真偽のほどは定かではないが、犬にミノキシジル内服薬を飲ませたら、心臓が破裂して死んだという報告もあるぞ。

高いリスクを冒してまでロニテンを購入するくらいなら、安全性が保証されている別の薬や施術を検討したほうがいいのではないか?

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)