圧倒的な値段の安さを誇るAGA治療薬

プロペシアと同じ有効成分フィナステリドを配合したAGA治療薬。世にプロペシアのジェネリックは多く出回っていますが、それらの中でも圧倒的な値段の安さを誇るのがフィナロです。ここでは、購入の際の注意点などを詳しく解説します。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

フィナロ

フィナロの特徴

プロペシアのジェネリック医薬品

フィナロとは、インド有数の製薬会社インタス社が開発・販売しているプロペシアのジェネリック品。プロペシアのジェネリック品は様々な会社から販売されていますが、それらの中でも、フィナロは圧倒的に価格が安いことで知られています。

配合されている有効成分は、プロペシアと同じフィナステリド。有効成分が同じなので、フィナロの効果・副作用も、基本的にはプロペシアと同じということになります。

なおフィナロは世界で広く販売されている薬ですが、日本では正規の薬としての承認を受けていません。日本でフィナロを購入する場合には、個人輸入業者等を経由するのが一般的です。

フィナロの効果

効果はプロペシアと同等

フィナロの効果は、基本的にプロペシアと同じと考えて差し支えありません。フィナロもプロペシアも、ともに有効成分は同じフィナステリドだからです。

AGA発症の元となる物質は、男性ホルモンのテストステロン。このテストステロンが、Ⅱ型5aリダクターゼという酵素の影響を受けて、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化。DHTは毛乳頭に悪さをしてヘアサイクルを乱し、やがてAGAが発症・進行します。

フィナロに含まれる有効成分フィナステリドは、この一連の流れの中で、Ⅱ型5aリダクターゼの働きを抑制します。Ⅱ型5aリダクターゼの働きが抑えられれば、DHTが新たに作られることもなくなるため、ヘアサイクルが正常化して髪の毛が戻ってくることになります。

なお、フィナステリドの発毛・育毛効果には個人差があります。フィナステリド配合の治療薬で症状の改善が見られない人の中には、より効果が高いとされる成分デュタステリド配合の治療薬に乗り換える人もいるようです。

開発・販売会社のインタス社の信頼性は?

フィナロの開発元はインドの製薬会社

フィナロを開発・販売しているのは、インドの製薬会社であるインタス社。日本ではあまりなじみのない会社ですが、果たしてインタス社は信頼できる会社なのでしょうか?

結論から言うと、インタス社は十分に信頼できる会社です。よって、もちろんフィナロも安心して服用することができる薬です。

日本では知名度の低いインタス社ですが、本国インドでは約650億円の売り上げを誇る巨大企業。英国など先進国を含め、世界70ヶ国に自社製の薬を提供している信頼の製薬会社です。インタス社が提携する会社の中には、日本でもおなじみの有名企業も軒を連ねています。十分に信頼できる会社と考えて良いでしょう。

フィナロの副作用について

フィナロの副作用

フィナロは国内未承認の薬なので、日本向けの詳しい副作用はリリースされていません。ただ、配合される有効成分がプロペシアと同じフィナステリドなので、基本的にはプロペシアと同じ副作用を持つと考えて良いでしょう。参考までにプロペシアの主な副作用は次の通り。%は副作用の発症率です。

  • 性欲減退…1.8%
  • 勃起機能障害…1.3%
  • 肝機能障害…不明
  • うつ…1.0%
  • 精子減少…1.1%

これら副作用の臨床試験と並行して、別の被験者グループにプラセボ(偽薬)が投与されました。プラセボで臨床試験を受けたグループでは、次のような副作用が報告されています。

  • 性欲減退…1.3%
  • 勃起機能障害….0.7%

プラセボによる試験を見ても分かる通り、「自分はプロペシアを飲んだから性欲が減退するはずだ」との思い込みが、これら副作用の数値を大きく左右していることが分かります。

実際に、フィナステリドの服用によって多少の副作用を覚える人もいるようですが、症状の程度は低いと考えるのが妥当のようです。

なぜフィナロは他のジェネリックよりも安いのか?

フィナロはフィナステリドを含むAGA治療薬の中で最安値水準

フィナロは、同じ有効成分のフィナステリドを含むAGA治療薬の中でも、最安値水準で販売されています。プロペシアの価格が高いことは、日本で承認された正規の薬であるという理由から容易に想像ができますが、日本では承認されていないAGAジェネリックの中でも、フィナロは圧倒的な安さを誇っています。

100錠入り1箱で比較すると、たとえばフィンペシアやフィナバルドが3,000円程度であるのに対し、フィナロは2,500円程度です(為替相場によって価格は変動します)。価格面だけを見ると、ついフィナロの効果や安全性に疑念もわいてしまいます。

フィナロの価格が安い理由は、提携する英国アストラゼネカ社の資本力のおかげと言われています。アストラゼネカ社は、世界を代表する製薬の巨大企業。AGAジェネリック市場ではフィンペシアが圧倒的なシェアを誇っていますが、このシェア率をアストラゼネカ社が少しでも獲得しようと、プロモーション活動の一環として価格を安くしている、という説が濃厚です。

価格が安いからと言って信用できない薬というわけではありません。安心して服用することができるでしょう。

【まとめ】個人輸入市場には偽薬が出回っているので要注意

フィナロの一番の魅力は、やっぱりその価格です。プロペシアと同じ効果が期待されていながら、価格はプロペシアよりも、また他のジェネリックよりも圧倒的に安いわけですから。

ただし、上でも少し触れられている通り、フィナロは日本では承認されていない薬です。よって、個人輸入業者などを経由しなければ入手できません。国内未承認の薬である以上、何らかのトラブルが生じてもすべて自己責任で処理しなければならないので、その点は了承のうえ購入するようにしてください。

薬の個人輸入市場には、偽薬が多く出回っています。AGAの改善効果が見られなかったという程度なら笑い話で済むかも知れませんが、予期せぬ重篤な副作用が生じる危険性もあります。購入の際にはくれぐれも注意しましょう。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)