フィナバルドの効果と副作用

フィナバルドはどのようなAGA治療薬なのでしょうか?
ここではフィナバルドの配合成分や効果、副作用などからその解説をしていきます。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

フィナバルド

フィナバルドとは?

「プロペシア」のジェネリック医薬品

ここではまず、フィナバルドがどのようなAGA治療薬であるかを簡単に紹介していきましょう。 フィナバルドは1994年設立のメーカー、「イーストウェスト・ファーマ社」で開発されたAGA治療薬です。 同じくAGA治療薬である「プロペシア」のジェネリック医薬品で、別のメーカーである「インタス社」、「シプラ社」がそれぞれ開発しているプロペシアのジェネリック医薬品・フィナロ、フィンペシアなどと並んで、広く使用されています。

通常の錠剤はシートに数錠がまとめて封入されているのが一般的ですが、フィナバルドは一錠ずつ分けて包装されています。

種類は1錠に主成分であるフィナステリド1mg配合のものが1種類で、100錠単位での取り扱いとなっています。

フィナバルドの効果と配合成分

AGAへのフィナバルドの効果

ここでは、フィナバルドのAGAに対する効果について見ていきましょう。 薄毛や抜け毛といったAGAの症状は、ジヒドロテストステロン=DHTという物質が原因となっています。 そしてこのDHTは、男性ホルモンの1種であるテストステロンと、酵素の1種である5aリダクターゼが結びつくことで発生します。

フィナバルドの主成分であるフィナステリドには、この5aリダクターゼの働きを抑制する効果があるのです。 5aリダクターゼの働きが抑制されればテストステロンがDHTになる量が少なくなり、結果、AGAの症状が改善されるのです。

ここで注目してほしいのは、フィナステリドには「AGAの原因物質であるDHTの発生自体を抑制する効果がある」という点です。

リンゴや納豆などが薄毛の改善に有効だと言われていますが、それらの効果はあくまで「不足していた栄養を補う」というものであって、根本的な原因を取り除くものではありません。 AGAの根本的な改善を望むのであれば、フィナバルドの服用をおすすめします。

フィナバルドの配合成分

ここでは、フィナバルドに含まれている有効成分について見ていきましょう。 フィナバルドはプロペシアのジェネリック医薬品なので、プロペシアと同様にフィナステリド1mgを含んでいます。 服用については、1日1錠の服用を継続することで、およそ半年から1年で薄毛の改善効果が見られます。

では次に、フィナステリドの効果について説明していきましょう。 上記の通り、フィナバルドはプロペシアのジェネリック医薬品なので、その効果もプロペシアと同様です。 フィナステリドには、薄毛の原因物質である「ジヒドロテストステロン」=DHTの生成を抑制するという効果があります。

このDHTは、男性ホルモンの1種であるテストステロンと5aリダクターゼという酵素が結びつくことによって発生するのですが、フィナステリドにはこの5aリダクターゼの働きを阻害する効果があるのです。

また、フィナステリドには頭皮から分泌される皮脂を抑制する効果もあります。 AGAの原因の一つとして、頭皮の過剰な皮脂の分泌があります。 頭皮から過剰な皮脂が分泌されると、頭皮の環境が悪化して薄毛が進行してしまいます。 フィナステリドはこの過剰な皮脂の分泌を抑制することで薄毛の症状を改善するのです。

フィナバルドの副作用と安全性

ここでは、フィナバルドの副作用について見ていきましょう。

フィナバルドの主成分であるフィナステリドには、男性ホルモンに働きかける効果があるため、その副作用もそれに関連するものとなっています。 フィナバルドの副作用として報告されているのは、以下のような症状です。

  • ・頭痛
  • ・下痢
  • ・腹痛
  • ・頻尿
  • ・性機能障害
  • ・性欲の減退
  • ・胃の不快感
  • ・初期脱毛

これらの副作用の発現確率は、およそ2~5%と言われています。 決して高くはない数値ではありますが、場合によっては肝機能障害などといったような重大な副作用が現れることもありますので、服用中になにか異常があった場合は、すぐに服用を中断して医師の診察を受けましょう。

また、副作用というわけではありませんが、女性、特に妊婦の方がフィナバルドを服用することは絶対に避けて下さい。 これは、お腹の中の子供が男児であった場合、摂取したフィナステリドによって性器の成長障害などの悪影響を受ける可能性があるからです。

【まとめ】フィナバルドはAGAの原因物質を取り除く!

毛根三銃士のフィナスです。 ここまでの解説で、フィナバルドがどのような育毛薬か分かって頂けましたかな? 確固たる知識は大きな武器となります。 それではここで、フィナバルドについてもう一度おさらいをしてみましょう。

フィナバルドはプロペシアのジェネリック医薬品で、「イーストウェスト・ファーマ社」にて開発されました。 その有効成分は、プロペシアと同様のフィナステリド。 このフィナステリドには、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン=DHTを生成する5aリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。

副作用としては、頭痛、下痢といった症状のほか、性欲の減退、性機能障害といった性に関する副作用があります。 これに加えて、ごくわずかなケースですが肝機能障害の報告もあります。 また、女性、特に妊婦の方は決して服用してはいけません。 胎児が男児であった場合に影響を受け、性器の発達が不十分になってしまうおそれがあります。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)