デュタボルブの効果と副作用

デュタボルブはどのようなAGA治療薬なのでしょうか?
ここではデュタボルブの配合成分や効果、副作用などからその解説をしていきます。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療薬の種類と効果
治療薬の紹介

デュタボルブ

デュタボルブとは?

デュスタリドを主成分とするAGA治療薬

ここではまず、デュタボルブがどのようなAGA治療薬であるかを簡単に紹介していきましょう。 デュタボルブは、デュスタリドを主成分とするAGA治療薬で、フィリピンの製薬企業である「ロイドラボラトリーズ社」が製造・販売を行っています。

同じくデュスタリドを主成分とするAGA治療薬としては、日本で承認されているザガーロが挙げられます。 デュタボルブは、同じくAGA治療薬であるアボルブのジェネリック医薬品で、他のジェネリック医薬品としてはデュタス、デュタスタリドがあります。

デュタボルブを手に入れる方法としては、主に個人輸入サイトを利用することになるでしょう。 価格は、1箱30錠入りで約2050円といったところです。

デュタボルブの効果と配合成分

AGAへのデュタボルブの効果

ここでは、デュタボルブのAGAの効果について見ていきましょう。 前述の通り、AGAの抜け毛や薄毛といった症状は、テストステロンと5αリダクターゼが結合することで生まれるジヒドロテストステロン=DHTという物質が原因となって引き起こされます。

髪の毛が正常に成長している場合は、毛根は成長期、退行期、休止期の3つのヘアサイクルを繰り返しながら成長していきます。 しかし、前述のDHTが増加していくと、このヘアサイクルが乱れて、普通なら数カ月から5年程度続くはずの成長期が短い期間で終わってしまうのです。 デュタステリドが5αリダクターゼに働きかけることでその働きを抑制し、DHTの発生が抑えられると、このヘアサイクルの乱れが修正されます。

同じAGA治療薬であるプロペシアに含まれる成分・フィナステリドにもこの抑制効果があるのですが、5αリダクターゼにはI型とII型の2種類があり、フィナステリドが効果があるのはこのうちI型だけ。 対してデュタステリドはI型II型両方に効果があるので、より強力な治療効果が期待できます。

デュタボルブの配合成分

ここでは、デュタボルブに含まれている有効成分について見ていきましょう。 デュタボルブはアボルブのジェネリック医薬品なので、アボルブと同じようにデュタステリドを含んでいます。 その含有量は0.5mgとなっており、服用方法は1日1回、水、もしくはぬるま湯で服用します。 量の目安は5分の1錠分、0.1mgとなっていますが、効果があまり見られない場合などは、必要に応じて1錠分、0.5mgまで増やすことができます。

薄毛が進行する原因は、睾丸にある男性ホルモン・テストステロンと毛根にある酵素・5αリダクターゼが結合することで生成される物質、ジヒドロテストステロン=DHTにあります。 このDHTが増加していくことによって正常なヘアサイクルが乱され、薄毛が進行していくのです。

この状態でデュタボルブの有効成分であるデュタステリドが体内に浸透すると、それによってまず5αリダクターゼの働きが阻害されます。 5αリダクターゼの働きが阻害されればテストステロンとの結合も阻害され、必然的にDHTが生産されなくなり、最終的に薄毛の原因物質がなくなるというわけです。

このように、デュタステリドにはAGAの根本的な部分にアプローチすることができるので、亜鉛やタンパク質のサプリなどに比べてより直接的な効果が期待できるのです。

デュタボルブの副作用と安全性

ここでは、デュタボルブの副作用と安全性について見ていきましょう。 デュタボルブの副作用として報告されている症状は、以下のようなものです。

  • ・勃起不全
  • ・性欲の減退
  • ・精子の量の減少
  • ・肝機能障害

勃起不全をはじめとする性機能に関連する副作用は、デュタボルブに含まれている成分であるデュタステリドが男性ホルモンに働きかけることに起因します。

同じAGA治療薬であるプロペシアなどに含まれている成分・フィナステリドにも同じような副作用がありますが、その発生確率が1%とされているのに対し、デュタステリドの副作用の発生確率はそれよりも低いとされています。 また、性欲減退などの対処法としては、同時にバイアグラなどを服用することが推奨されています。

重要なポイントとして、デュタステリドは女性には厳禁と言う点があります。 また、高齢者や18歳未満の人が使用することもおすすめできません。 特に妊娠した女性は、成分が経皮吸収されて胎児に悪影響が出ることを避けるために、薬剤に触れるのも禁止です。

【まとめ】デュタボルブはDHTの生産を抑えてヘアサイクルを正常化!ただし女性には厳禁

毛根三銃士のパントよ。 ここまでのお話、ちゃんと聞いていてくれたかしら? それじゃあ、念には念を入れて、ということで、おさらいに行くわよ!

デュタボルブはデュスタリドを主成分とするAGA治療薬で、日本で承認されているザガーロと同じ成分を持っているわ。 男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついてできるジヒドロテストステロン=DHTっていう物質が増えてくるとヘアサイクルが乱れて、普通より短い期間で成長期が終わってしまうの。

そこでデュタステリドが投与されると、このDHTの生成が阻害されて、乱れたヘアサイクルを元に戻せるってわけね。 デュタステリドの副作用はフィナステリドと同じように、主に男性機能の減退なんだけど、副作用の起きる確率はデュタステリドの方が低いみたい。 あと、デュタステリドは女性、特に妊婦、18歳未満の人、高齢者には適さないので服用しないように気をつけてね。

【全国版】AGA治療ならココ!:地域別おすすめ治療院リスト(あなたの地域の頼れるクリニックは?)