ミノキシジルについて解説 | AGA用語辞典 | AGA治療ガイド

医薬品の育毛剤として認められているミノキシジル。その特徴や効能は?AGA用語についてわかりやすく解説します。

AGA用語辞典

ミノキシジル

AGA治療に使用される皮膚外用薬。薄毛部分に塗布することにより、頭皮の血行を促進して毛母細胞や毛乳頭に栄養分を届けやすい頭皮環境を作るとともに、成長促進因子に働きかける効果により、血管を新生するという効果も認められている治療薬です。

もともとは高血圧患者向けの経口薬として開発されたものですが、後に発毛効果が認められて薄毛や抜け毛の治療薬として活用されたという経緯があり、海外では内服薬が販売されていますが、日本においては外用薬のみ認可されているため、内服薬を入手するには医師の診察の上、処方を受ける必要があります。

副作用としては頭皮のかゆみや血圧の低下などといったものが認められますが、使用するミノキシジルの配合量により発生率は異なります。女性でも使用できますが、妊娠中や授乳中の女性の場合は使用することができません。