5α-リダクターゼについて解説 | AGA用語辞典 | AGA治療ガイド

5α-リダクターゼについて

AGA用語辞典

5α-リダクターゼ

皮脂腺や毛乳頭で分泌される還元酵素で、男性ホルモン「テストステロン」と結びつくことにより、AGAの原因となる悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化させる作用があります。

5α-リダクターゼには1型と2型の2種類が存在し、1型は皮脂を分泌する皮脂腺に、2型は毛乳頭に多く存在しており、いずれも薄毛や抜け毛に大きな影響を与えるのですが、AGAの場合は2型の5α-リダクターゼが大きく影響していると言われています。

理由としては、AGAが発症する頭頂部と前頭部には2型の5α-リダクターゼが多く存在しますが、AGAが進行しても最終的には髪の毛が残る側頭部と後頭部には、1型の5α-リダクターゼが多く存在しているため。また、5α-リダクターゼ欠損症という、2型の5α-リダクターゼが分泌されない疾患を持つ者には、AGAが発症しないということも理由とされています。