HARG療法について解説 | AGA用語辞典 | AGA治療ガイド

HARG療法について解説 | AGA用語辞典 | AGA治療ガイド HARG療法について

AGA用語辞典

HARG療法

HARG療法(ハーグ療法)とは、「Hair Re-generative Therapy(毛髪再生療法)」の頭文字を取った略称で、再生医療を応用した発毛率約90%以上と言わるAGA治療法。

どのような種類の細胞にでも変化可能な「幹細胞」から抽出した「細胞成長因子」と、発毛促進に必要な各種ビタミンやアミノ酸など、髪に有効な栄養素を成分とした「HARGカクテル」を薄毛部分に直接注射することにより、発毛・育毛を促進。またHARG療法は女性に副作用を引き起こす成分を使用しないため、女性の薄毛治療法としても注目されています。

一般的にHARG療法による施術ではパピュール法と言う、髪の毛よりも細い注射針を使用し、麻酔を行った上で頭皮に有効成分とHARGカクテルを注入する方法が行われますが、電子パルスを照射して有効成分を浸透させる、痛みを感じにくいノンニードル法などによる施術も可能。人の体内組織である幹細胞を元にする治療法であるため、現在のところ副作用が発生したという報告がなく、安心して受けることができる治療法です。