AGAについて解説 | AGA用語辞典 | AGA治療ガイド

男性型脱毛症をあらわすAGA。その特徴や治療方法は?AGA用語についてわかりやすく解説します。

AGA用語辞典

AGA

AGAとは”AndroGenetic Alopecia”の略称で、男性型脱毛症と呼ばれる、20代~50代の男性に増加している脱毛症。発症者数は全国で約1,200万人いると言われており、日本の成人人口の8人に1人がAGAを発症している計算です。AGAの進行は人によってさまざまですが、頭頂部や前頭部の毛髪から薄毛・抜け毛が進行し、最終的には側頭部と後頭部以外の髪の毛を脱毛させてしまうのが特徴です。

AGAは悪玉男性ホルモンである「DHT(ジヒロドテストステロン)」が増加することにより、髪の寿命であるヘアサイクルを短くして薄毛や抜け毛を促進します。DHTは男性ホルモン「テストステロン」が、皮脂腺や毛乳頭で分泌される「5α-リダクターゼ」という酵素の働きによって変化する男性ホルモンで、テストステロンの約30倍強力な作用を持つホルモンです。

AGA治療では、主にDHTの生成原因となる5α-リダクターゼの働きを阻害し、頭皮の血行促進や栄養補給を行うことによる治療が行われます。