AGAの治療とは?治療方法を大きく2つに分類

AGAの治療方法は治療薬の処方によるものと、頭皮に注射や移植を行う外科的施術の2つに分かれます。それぞれの特徴と発毛のメカニズムについて解説します。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療とは?
AGAの治療法

AGA治療では、どんなことをするの?

AGAの治療方法は治療薬の処方によるものと、頭皮に注射や移植を行う外科的施術の2つに分かれます。それぞれの特徴と発毛のメカニズム、さらにはおすすめの治療院も併せてご紹介します。

AGA治療の種類は大きく分けて2種類

治療薬を服用または塗布する方法と、成長因子を頭皮に直接注入したり、植毛したりするなどの施術方法があります

AGAの治療法は、大きく分けると2種類の治療法があります。

1つ目の治療法は、発毛や育毛を促す治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗布する方法。代表的な治療薬として処方されるのは、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬です。プロペシアというのは製品名で、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がAGAを引き起こす原因となるDHTのはたらきを抑制します。ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることにより発毛を促す効果があるのです。

2つ目は、施術を伴う方法です。AGA治療薬や、髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入し、発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」は、新しいAGA治療法として注目を浴びている手法です。

そして後頭部など、まだ髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取し、毛根のない部分に移植する「自毛植毛」という方法もあります。植毛では人工毛を植毛した場合、皮膚トラブルを引き起こやすいという欠点がありましたが、自毛植毛の場合は自分の細胞を移植するので、皮膚トラブルはほとんどないのが特徴です。

まずは医師の診断を受けることが大切

治療法は大きく分けて2種類と言っても、人それぞれ薄毛の原因や進行状況などは異なります。むやみに治療薬などを服用しても、自分の症状に合った治療法でなければあまり効果は見込めません。なので、自分にとって最適な治療法を事前に理解しておくことが重要となります。

そのためにも、一度しっかりと医師の診察を受けておくようにしましょう。数あるクリニックの中でも、特にオーダーメイド処方や独自の治療法など、一人ひとりに適した治療が受けられるクリニックを選ぶことをおすすめします。

とは言っても、「どのクリニックを選べばいいのか分からない」そんな方のために、主要3都市(東京・大坂・名古屋)でおすすめのクリニックをそれぞれご紹介します。

価格帯別おすすめクリニック

まずはここから!月額30,000円以下ではじめられる治療院

表参道スキンクリニック

治療法/価格例
・カウンセリング/無料
・フィナステリド錠(プロペシア)/1箱28錠 6,000円~
・オーダーメイド処方(1ヶ月あたり) /25,000円~
患者ひとりひとりの症状に合わせて薬処方してくれるオーダーメイド処方の効果が高いと評判です。
特徴

オーダーメイド処方を得意としており、その効果は発毛実感率99.4%。全国の主要都市にグループ院があるので、地方の方でも通いやすいでしょう。

月額100,000円以上で重度のAGAも改善したい

中央クリニック

治療法/価格例
・初診(血液検査込) /5,000円
・ハーグ療法1/3 /1回120,000円
・ハーグ療法3/3 /1回180,000円
AGA治療で最も注目を浴びていると言っても過言ではないハーグ療法を採用しています。
特徴

男性のお悩み解決に強い中央クリニック。メイン治療となるハーグ療法では、最新機器を導入して治療の痛みを軽減させ、患者の負担を軽するなどの工夫も見られます。

すぐにでも生やしたい!髪のために100万以上出せるなら

ルネッサンスクリニック

治療法/価格例
・カウンセリング/無料
・自毛植毛(ARTAS植毛) /1000グラフト 888,000円

自毛植毛の最新機器ARTASを導入。またモニターとして治療を受ければ、割引価格で治療ができます。
特徴

美容業界の大手グループ、湘南美容外科が運営するAGA専門治療院。難易度の高い自毛植毛も、最新機器を導入することで患者から高い満足度を得ているようです。

AGA治療の効果

プロペシア

プロペシアとは内服薬の商品名であり、具体的にはプロペシアに含まれる「フィナステリド」という成分の働きによってAGAの改善を図ります。作用としては、AGAの直接的原因となっている「DHT」の生成を抑えるもの。

「DHT」とは、男性ホルモンと5α-リダクターゼが協同して生産する物質で、フィナステリドはこの5α-リダクターゼの働きを抑えることによって、「DHT」の生成を事前に防ぐのです。結果、毛母細胞が守られて抜け毛が減り、徐々に頭髪が増えていくという仕組み。

ミノキシジル

頭皮の血行を良くしてAGAの改善を図る成分です。もともとは高血圧患者の降圧剤として用いられていました。しかし、その副作用として体毛が濃くなるという症状が認められ、この副作用をAGA改善の「効能」として転用しようと研究され生まれたのがミノキジル。

海外では内服用のミノキシジルも販売されていますが、国内では外用(塗布用)のみが販売を認められています。 ミノキシジルを主成分にしている育毛剤は、大正製薬の薄毛治療薬「リアップ」などが挙げられます。

メソセラピー

注射によってAGAの改善を図る方法です。フィナステリドやミノキシジルなど、AGA改善効果が実証されている成分を直接頭皮に注射します。一定量の有効成分が確実に頭皮に直接注入されるわけですから、内服薬や外用薬に比べて、AGA改善効果はより高くなると言われています。

発毛効果の程度には個人差がありますが、わずかな頭髪の変化も加えれば、ほぼ100%の患者がAGA改善を確認しています。 クリニックによっては、ビタミンやミネラルなど、発毛・育毛に不可欠な成分を追加配合している場合もあるようです。

HARG療法

こちらも注射によってAGA改善を図る方法ですが、メソセラピーとは異なり、「細胞成長因子」と呼ばれる成分をメインに注入します。「細胞成長因子」とは、どんな細胞にでも変化できる「幹細胞」から抽出された成分で、活動の低下した毛母細胞をふたたび元気にする効果があります。いわば、近年よく聞く再生医療の一種です。

より高い効果を得るために、クリニックのオリジナル育毛成分(ビタミンなど)を追加配合することもあります。

自毛植毛

毛髪の移植手術によってAGAの改善を図る方法です。発毛サイクルが正常な後頭部・側頭部などの毛を、毛包(発毛・育毛をつかさどっている細胞)ごと丁寧に採取し、AGAを発症している前頭部・頭頂部などに植えつけます。

後頭部や側頭部の毛包は、男性ホルモン等の影響を受けにくいため、一度頭皮に定着してしまえば、将来的にAGAが再発するリスクは低いとされています。たとえるなら、植樹と同じで、移植先で定着すれば安定的に成長が維持される、といった感じでしょう。

代表的な治療薬

  • プロペシア

    AGA治療の主戦力!世界60カ国以上で認められた効果

    プロペシア(フィナステリド)は脱毛を促す男性ホルモンDHTの生成の原因となる、5α-リダクターゼを抑制し、DHTが生成されるのを防止するはたらきがあります。毛母細胞に深刻なダメージを与えるDHTですが、プロペシアのはたらきによりDHTの生成が抑えられ、毛母細胞を守ります。

  • ミノキシジル

    手軽に入手できる最もポピュラーな治療薬

    もともとは高血圧患者向けの血管拡張薬として開発された医薬品が、血行促進効果と共に毛母細胞を活性化する効果も認められ、AGA治療薬として応用されたものです。日本では内服薬としては未認可で、頭皮に塗る外用薬として使用します。

代表的な施術方法

  • メソセラピー

    有効成分を直接頭皮に注入し、ほぼ100%の効果を発揮

    AGA治療薬として有効なフィナステリドやミノキシジルを薄毛部分に直接注射することにより、有効成分が体内で薄まることなく、最大の効果を発揮できる状態で頭皮に浸透。毛母細胞を細胞レベルで活性化することが可能で、高い発毛・育毛効果があります。

  • HARG療法

    発毛率90%以上!女性にも施術できる治療法

    幹細胞から抽出した細胞成長因子と、発毛促進のための有効成分を薄毛部分に直接注射することにより発毛・育毛を促進する、再生医療を応用したAGA治療法。女性にも施術可能なAGA治療法であり、その発毛率は90%を超えると言われています。

  • 自毛植毛

    自毛を薄毛部分に移植して自然な仕上がりに

    後頭部や側頭部の髪の毛を手術によって毛包ごと採取し、薄毛部分に植えることにより髪を生やす方法。自毛を移植するため、植毛による皮膚の拒否反応などもなく安全で、植毛後の仕上がりも自然に発毛したかの様に見えるのが特徴です。

まずは専門治療院のカウンセリングを

AGA治療はあらゆる医学的なアプローチで日夜研究されており、その治療法も多岐にわたる。
しかし薄毛の進行具合や原因によって、適する治療法はさまざま。AGA専門の治療院で、
しっかりとカウンセリングを受けるようにしよう。

AGA治療にかかる費用の目安は?

AGAの治療費は治療を行う施設によって、それから選択する治療方法によってかなり違うんだ。施設別に治療費が高い順に並べてみると、1位がAGA専門治療院、2位が一般治療院、3位が育毛サロン、4位が自宅だ!ここで言う「自宅」ってのは、個人輸入した薬で治療する方法のことだぜ。

次は方法別の、治療費が高いランキングを紹介しよう!1位がHARG療法、2位がメソセラピー、3位がスカルプケア・ヘッドスパ(育毛サロン)、4位が治療薬(内服薬・外用薬)だ。ちなみに「自毛植毛」は手術になる治療法だから、今回は外しておいた。どの方法でも一定の効果はあるだろうけど、本気でAGAを改善したいなら、俺は費用が高くてもAGA専門治療院が良いと思うぜ。