育毛効果のある栄養素と食べ物は?

生活習慣の乱れやストレスは薄毛・抜け毛に大きな影響を及ぼします。ここでは、育毛のために日常の生活上で気をつけることや、健康な髪を育てる食べ物を紹介します。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
AGA治療とは?
日常生活で気をつけること

ストレスを貯めない生活が大事

ストレスによる自律神経の乱れが頭皮に影響を及ぼすことも

喫煙、飲酒、睡眠不足、運動不足も抜け毛を促す要因になります

AGAの原因となるのは主に男性ホルモンが影響とされていますが、それだけが原因と言えません。まずは遺伝的な問題。両親や祖父母に薄毛の方がいる場合は遺伝的なことが原因でAGAが発症していることも考えられます。

それ以外の原因で最も多く見られるのは、ストレスを原因としたものです。ストレスは万病の元とも呼ばれ、ストレスを強く感じた状態で日常を過ごすことにより、自律神経のコントロールが乱れて頭皮の血行を阻害し、毛乳頭に栄養が行きわたらずに脱毛を促進する場合があります。

ストレス以外にも、アルコールや煙草などといった嗜好品の過剰摂取や、生活リズムの乱れによる睡眠不足、運動不足による身体の基礎代謝力の低下といった、生活習慣の乱れも抜け毛や薄毛の原因となります。ストレスは日常生活と密接に関係していますので、このような生活習慣の乱れは、全てストレスが原因となっている可能性もあるのです。

自分の時間を持って趣味に没頭したり、気の合う友人と会う機会を増やしたりして、できるだけストレスを溜めない様な生活を心がけましょう。ストレスを溜めないことは、頭皮の健康にも繋がるAGA治療の一環だと考えましょう。

食事について

食事で気をつけること

まずはバランスの良い食事をとること

ストレスと同様、AGA治療で気を付けないといけないのが食生活です。 自分の好みの食事しかとらず、栄養バランスが取れていない食生活を続けていると、頭皮に必要な栄養素の摂取ができないだけでなく、身体の栄養バランスまで乱すことになり、AGAを進行させるだけでなく健康そのものも損なう恐れがあります。

そうならないためにも、常に栄養バランスに配慮した、規則正しい食生活を送るように心がけるようにしましょう。そして仕事などの生活環境の問題によって、どうしても栄養バランスが取りにくい場合は、育毛サプリメントなどで栄養分を補給するようにしてください。

栄養素 主な効能 栄養素のはたらき 栄養素を含む食品
タンパク質 髪を構成する原材料 毛髪の約90%はケラチンと呼ばれるタンパク質。ケラチンを構成する必須アミノ酸は体内では生成されないため、食事でタンパク質補う必要があります。 卵、納豆、豆腐、鮭、イワシ、サバなど
ビタミンA 頭皮の新陳代謝を促進 頭皮の肌再生サイクルを正常にすることにより、コラーゲンの生成やヒアルロン酸の吸収を良くし、頭皮環境を正常化します。 緑黄色野菜(人参、ほうれん草など)、レバー、バター、チーズなど
ビタミンB群 タンパク質の吸収、血行促進、皮脂抑制、新陳代謝の促進 摂取したタンパク質を利用するために必要となる栄養素。ビタミンB2とB6には皮脂の分泌を抑制し、新陳代謝を促進する効果もあり、フケやカユミを抑えます。 ・ビタミンB2
レバー、卵、納豆、牛乳など
・ビタミンB6
にんにく、まぐろ、かつお、バナナなど
・その他
海苔、わかめ、昆布、緑黄色野菜など
ビタミンC ストレス抑制効果、疲労回復 ビタミンCはストレス抗体を生成し、ストレスに強い頭皮環境を作ります。
他にも疲労回復効果やコラーゲンを合成する効果があります。
ピーマン、アセロラ、レモン、柚子、柿、苺、ブロッコリーなど
ミネラル(亜鉛) 酵素の生成、髪の合成 体内にある3,000以上の酵素のうち200種の酵素の合成に必要となるミネラルで、髪の主成分であるタンパク質(ケラチン)の合成にも必要。
また、AGAの原因となる5α-リダクターゼを抑制する効果もあります。
牡蠣、レバー、牛肉、いわし、胡麻、昆布など

【まとめ】心も身体も、頭皮も健康に!

薄毛や抜け毛の原因は主に男性ホルモンが原因だけど、遺伝や食生活など、いろいろな原因があるのよね。AGAの仕組みや対処法はわかっていても、元となる身体が健康な状態でないと、いくら治療してもなかなか効果が見られないこともあるから、まずは根本的に生活習慣や食生活などを根本的に見直してみるのがいい方法だと思うの。

現代社会を生きていると、どうしても生活習慣や食生活が乱れたり、ストレスを抱えたりしてしまう・・・みんな大変だもの。だけど、できるだけ栄養や生活習慣に気を配って、ストレス発散もして、心も身体も、そして頭皮も健康にしていこうね。