口コミで評判の三島クリニックのAGA治療を徹底調査

AGAで評判!高く口コミで評価されている大阪の三島クリニックの特徴と治療費用を集めてみました。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
地域別おすすめ治療院リスト

三島クリニック

三島クリニック
住所 大阪府大阪市鶴見区横堤2-23-7 NYPビル4F・5F
交通アクセス 地下鉄鶴見緑地線 横堤駅 2号出口より徒歩2分
電話番号 06-6913-3624
06-6913-1024(美容皮膚科専用ダイヤル)
主な治療方法 内服薬
診察時間 月~土9:00~12:30/月・火・水・金16:00~19:00
休診日 日曜・祝日
公式サイト http://www.mishima-clinic.jp/
おすすめポイント 三島クリニックでのAGA治療は、プロペシアによる内服薬が中心です。初診カウンセリング時には、マイクロスコープで頭皮と毛髪のチェックを行ってくれます。しっかりとチェックしたうえで治療に入るので、安心して薬を服用できますね。三島クリニックではプロペシア以外にも、ザガーロという抜け毛の進行を抑える薬も処方してくれます。患者に一番合った薬で治療が可能です。

三島クリニックの3つの特徴!

プロペシアを中心とした内服薬治療

三島クリニックでのAGA治療は「プロペシア」を用いた内服薬治療が主体です。AGAで脱毛してしまう部分は、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の濃度が高くなっていることが分かっています。DHTは毛髪が成長する期間を短くする原因物質だと考えられているのです。プロペシアにはこのDHTが作られるのを防ぐ効果があり、結果的に脱毛を防ぐことができます。6ヵ月間欠かさず服用しないと効果が得られないので、中断する際には担当医師に相談しましょう。

ザガーロの処方ができる

三島クリニックでは、プロペシア以外に「ザガーロ」というAGA治療薬も処方可能。男性にのみ効果が確認されている、強力な治療薬です。ザガーロは脱毛を抑えるだけでなく、産毛を生やしていく効果があります。副作用の恐れがあるので、慎重に処方する必要があります。プロペシアで効果が見られなかった場合にも、治療の方法が用意されているのはうれしいですね。

メソセラピーでの治療

そもそもAGAとはAndrogenetic Alopeciaの略。日本語に訳すと男性型脱毛症という意味です。思春期以降に髪が薄くなることで、成人男性に多く見られる状態。男性ホルモンや遺伝の影響が大きいといわれています。メソセラピーは注射器などの医療機器を用いて、医療薬を体内に注入する方法です。細胞レベルで刺激を与え、細くて弱い毛髪や産毛を、太くて強い毛質にします。より高い発毛効果が期待できます。

治療費の目安(税抜)

・初診カウンセリング料:3,000円
・再診料:1,000円
・プロペシア初診(28日分):11,111円
・プロペシア再診以降(28日分):8,889円
・プロペシア再診以降(90日分):25,000円
・フェナステリド初診ジェネリック(28日分)8,148円
・フェナステリド再診以降(28日分):6,537円
・フェナステリド再診以降(90日分):19,167円
・ザガーロ初診(28日分):12,037円
・ザガーロ再診以降(28日分):9,806円
・ザガーロ再診以降(90日分):28,750円
・※プロペシア、フェナステリド、ザガーロの料金は、初診カウンセリング料及びマイクロスコープによる頭皮・毛髪チェックを含みます。
・メソセラピー:10,000円

治療の流れと具体的な治療方法

①初診カウンセリング
治療についての説明があります。ネットで問診票がダウンロードできるので、事前によく確認して記入しておくと良いでしょう。
②マイクロスコープによる頭皮と毛髪のチェック
治療薬を処方する前に、マイクロスコープで頭皮・毛髪の状態を確認します。
③内服薬による治療
内服薬「プロペシア」により治療を開始。1日1回の服用を6ヵ月続け、抜け毛が減ったかどうかで、治療の効果を確認します。薬の服用が中断すると効果がなくなるので、治療期間中は連日の服用が必要です。