福岡 池上泌尿器科クリニックのAGA治療を徹底調査

福岡 池上泌尿器科クリニックの特徴を集めてみました。

毛根三銃士のAGA解決ガイド: 薄毛・抜け毛から頭皮を救え!(ロゴ)
地域別おすすめ治療院リスト

池上泌尿器科クリニック

住所 福岡県大野城市下大利1-16-2
交通アクセス 西鉄大牟田線「下大利駅」西口から徒歩3分
JR「水城駅」から徒歩7分
電話番号 092-572-0128
主な治療方法 フィナステリド(プロペシア)による投薬治療
診察時間 月・火・水・金9:00~12:.30/14:00~18:00
木曜9:00~12:30/14:00~17:00
土曜9:00~12:30
休診日 土曜午後、日曜、祝日
公式サイト http://www.ikegami-cl.jp/
おすすめポイント 池上泌尿器科クリニックは、泌尿器科をはじめAGAやED、性感染症などを幅広く診療するクリニック。AGA以外に男性機能の問題などにも向き合ってくれる、頼れる存在です。

福岡 池上泌尿器科クリニックの3つの特徴!

専門は泌尿器科だがAGA治療薬の取り扱いあり

池上泌尿器科クリニックは、泌尿器科がメイン。あわせて、男性の悩みにまつわるAGAやEDや性感染症、泌尿器皮膚科疾患などにも対応してくれるのが特徴です。治療はAGA治療薬の処方によります。実際の治療に入る前に、薬の説明や改善までの道のりを親切に説明してくれるため、不安も払拭されるでしょう。

プロペシアの取り扱いあり

AGA治療薬であるプロペシアは、主成分をフィナステリドとする薬です。男性の薄毛に対して有効に作用することがわかっており、世界中60ヵ国にわたってAGAに悩む人の助けになっています。プロペシアが日本で発売されたのは2005年。それ以降、日本でもAGA治療のメインとして浸透してきました。長期間の服用は必要ですが、実際に効果を実感できたことから支持する方も多い薬です。

ジェネリック(フィナステリド)は3種類

池上泌尿器科クリニックのAGA治療では、オリジナルのプロペシアに加えてジェネリック医薬品も取り扱っています。ジェネリック医薬品は3種類。ファイザー株式会社が2015年に発売した1mg錠、東和薬品が2016年に発売した1mg錠、そして富士化学が2018年に発売した1mg錠です。それぞれ保険適用外で単価が異なるため、予算や治療プランに合わせて選べます。

治療費の目安(税抜)

  • プロペシア
    1mg錠1ヵ月分(28錠):7,500円
    1mg錠3ヵ月分(84錠):21,000円
  • フィナステリド
    <東和薬品>
    1mg錠1ヵ月分(28錠):5,000円
    1mg錠5ヵ月分(140錠):24,000円
    <ファイザー>
    1mg錠1ヵ月分(28錠):6,000円
    1mg錠3ヵ月分(84錠):17,000円
    <富士化学>
    1mg錠1ヵ月分(28錠):4,500円

治療の流れと具体的な治療方法

公式ページに詳しい記載はありませんでした。